プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
409:寒いですね。 by ぴぴママ on 2011/01/18 at 12:11:23 (コメント編集)

高齢文鳥を冬の今頃になくしています。
以前は保温器具も少なかったですが今は性能がよくていいですね。中年女の子は卵つまりにひやひやさせられます。
本当に愛鳥とは少しでも元気に長生きしてもらいたいです。

410:ぴぴママさんへ by そらぴよ on 2011/01/19 at 01:29:43 (コメント編集)

初めまして、ぴぴママさん!

以前はうちでも、石油ファンヒーターを冬、一晩中つけたりしていました。
3時間おきに目覚ましを5個も6個もかけて起きて、換気をして、時間切れになりそうなのを時間延長ボタンを押して。。。

そのときと比べると、ペットヒーターもサーモスタットも、簡単に手に入れることができて本当に有難いですよね。

長生きした小鳥は、家族の一員なので・・・本当に元気に長生きしてほしいです。

訪問&コメント、ありがとうございます。
またお越しください♪

413:こんばんは~ by soramama on 2011/01/20 at 18:44:25

おふたりで応援ありがとうございます♪ ^^*
そういえばうちの姫ちゃんが亡くなったのも冬でしたね~、
無精卵を生んだあとでもありましたが・・

家に帰ったらもういたので文鳥のことはなんにも調べなかったな、
そらぴよさんたちの文鳥さんたちは寒くても大丈夫ですね~。
ぽちぽちぽちっとしましたよ~☆

414:そらままさんへ♪ by ルピ on 2011/01/21 at 00:27:54

こんばんは(^-^)こちらこそ応援ありがとうございます!そらままさん、文鳥飼ってたんですね。初耳でどうもすいません!今は猫ちゃんだけですよね??猫ちゃん、私は野良ちゃんの食事を時々手伝ってるだけですが、この大寒波のとき、雪が降ってるとき…野良ちゃんが心配になります…
公園で野良ちゃんは、どうやってしのいでいるんでしょうか…
猫は寒がりなんですよね?今も凍えてるんだろうなと思うと悲しい…

416:soramamaさんへ by そらぴよ on 2011/01/21 at 19:14:36 (コメント編集)

soramamaさんこそ、いつも応援ありがとうございます~☆
女の子文鳥は、冬は要注意ですよね。

私も調べるというより、実は自分の経験からばかりだったりして(^^;
空ちゃんもいつも幸せそうですね♪
にゃ~ん、と鳴きたくなってしまいます^^

▼このエントリーにコメントを残す

   

お年寄りの鳥には特にしっかり保温を!

むかし、最年長だった子。元気がない様子。
ずっと以前の写真なので、画質が悪いですが(>_<)、その当時最年長の子です。

寒いですね
大寒やセンター試験の前後は、1年で最も寒い時期。

うちの最長老文鳥は何歳?と自問してみて、優希オスが7歳。
なんとかまだ今年は大丈夫・・・とほっとしました。

というのも、これから2月初めくらいにかけてが高齢の文鳥が1年で一番落鳥しやすい時期だからです。
うちでのマイ基準では、高齢文鳥はだいたい8歳半からなので、それを過ぎたら保温もしっかりしないと・・・。

ほんとうにこの時期は、文鳥飼いの私には悲しい思い出が多い季節。

寿命とはいえ、愛鳥と何とか少しでもいっしょにいたい!
夜間も何度も起きて保温を確かめました。
保温は十分なはず何のに、不思議にこの時期を本能的に小鳥は感じ取るのか・・・
結局は冬の終わりに高齢文鳥が頑張りの末、亡くなることが多かったです。

ちらつく雪と、寒さに震えながら、何度シャベルで土掘りをしたものか。

文鳥は若いうちは他種の鳥より比較的寒さに強いですが、年をとるとすごく弱くなります。

過保護と多少の出費を恐れずに、思い切ってしっかり保温した方が、後悔はしないかもしれません・・・。

うちではペットヒーターはもちろんですが、まずは底冷えを防ぐ努力をします。

◎鳥かごを床から高い位置に置く。

◎ケージの下に保温効果の高い布を敷く。
 または箱のようなものにケージの底部分がはまるように入れる。

◎カーテンとドアの隙間をしっかり塞ぐ。

◎できればリビングより、小さい個室に移す。

などなどして、室温自体の低下を防ぎます。


そして、

◎高齢鳥・病鳥がいよいよ弱ってきたと感じた時は、1日中低めにでも人間用暖房器具・・・安全なエアコンなどをかけ続ける。

この方法が不思議に効果がありました。
ペットヒーターで温度を保っても、もともとの室温の影響も、もしかしたら受けているのかも。

そしてペットヒーターの温度設定は、その鳥さんに合わせて。

健康な若い文鳥なら、15度を下回らないようにして20度設定くらいでも十二分。
布でしっかり覆えば地域によっては保温もいらないくらいですが、高齢鳥は寒さに弱い。

様子を見て、文鳥の活動が活発になる温度まで、しっかりと保温します。

23度くらいでいい場合もあれば、28度必要な場合も。
年齢を重ねると人間同様、個人差が激しくなるので、あくまでその鳥さんを観察してそれに合わせてあげて下さい。

できれば、ヒーターもW数が大きいのが1つより、小さめのものが2つの方が不意な球切れや故障でも安心だし、ケージ内もまんべんなく暖まりやすいようです。




ランキングに参加しております。応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

FC2ノウハウ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
409:寒いですね。 by ぴぴママ on 2011/01/18 at 12:11:23 (コメント編集)

高齢文鳥を冬の今頃になくしています。
以前は保温器具も少なかったですが今は性能がよくていいですね。中年女の子は卵つまりにひやひやさせられます。
本当に愛鳥とは少しでも元気に長生きしてもらいたいです。

410:ぴぴママさんへ by そらぴよ on 2011/01/19 at 01:29:43 (コメント編集)

初めまして、ぴぴママさん!

以前はうちでも、石油ファンヒーターを冬、一晩中つけたりしていました。
3時間おきに目覚ましを5個も6個もかけて起きて、換気をして、時間切れになりそうなのを時間延長ボタンを押して。。。

そのときと比べると、ペットヒーターもサーモスタットも、簡単に手に入れることができて本当に有難いですよね。

長生きした小鳥は、家族の一員なので・・・本当に元気に長生きしてほしいです。

訪問&コメント、ありがとうございます。
またお越しください♪

413:こんばんは~ by soramama on 2011/01/20 at 18:44:25

おふたりで応援ありがとうございます♪ ^^*
そういえばうちの姫ちゃんが亡くなったのも冬でしたね~、
無精卵を生んだあとでもありましたが・・

家に帰ったらもういたので文鳥のことはなんにも調べなかったな、
そらぴよさんたちの文鳥さんたちは寒くても大丈夫ですね~。
ぽちぽちぽちっとしましたよ~☆

414:そらままさんへ♪ by ルピ on 2011/01/21 at 00:27:54

こんばんは(^-^)こちらこそ応援ありがとうございます!そらままさん、文鳥飼ってたんですね。初耳でどうもすいません!今は猫ちゃんだけですよね??猫ちゃん、私は野良ちゃんの食事を時々手伝ってるだけですが、この大寒波のとき、雪が降ってるとき…野良ちゃんが心配になります…
公園で野良ちゃんは、どうやってしのいでいるんでしょうか…
猫は寒がりなんですよね?今も凍えてるんだろうなと思うと悲しい…

416:soramamaさんへ by そらぴよ on 2011/01/21 at 19:14:36 (コメント編集)

soramamaさんこそ、いつも応援ありがとうございます~☆
女の子文鳥は、冬は要注意ですよね。

私も調べるというより、実は自分の経験からばかりだったりして(^^;
空ちゃんもいつも幸せそうですね♪
にゃ~ん、と鳴きたくなってしまいます^^

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。