プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
466: by ぴぴママ on 2011/03/21 at 14:32:30

はじめまして。いつも参考になるブログと思い、拝見させていただいています。特に停電時の保温は病鳥、老鳥、雛には重要です。我が家も病鳥がいるため停電時の保温は重要でした。仕事をしているため、計画停電時は家に不在のこともあり、ペットボトル保温は有効でした。
話はかわり、鳥たちは地震で(余震も)飼い主がいるとパニックにはならず、こちらをみつめ「大丈夫だよね」と話かけられているようでした。余震では在宅時が多かったため、鳥さんの信頼を感じました。
そらぴよさんのところは地震はひどかったですね。停電もながく不安だったと察します。お体などは大丈夫でしょうか。
1日もはやく普通の生活が送れるようになることを心から願わずにはいられません。
今後もいろいろと活用させていただきます。ありがとうございます。

475:ぴぴママさんへ by そらぴよ on 2011/03/22 at 14:31:17

はじめまして、ぴぴママさん。
いつも読んで下さっていて、そしてコメントありがとうございます♪
保温のこと、今回の地震で一生懸命試行錯誤したので、お役に立てたなら嬉しいです。

それとうちの鳥たちも、普段の地震ではちょっと揺れただけでも騒ぐのに、今回は不思議なくらい大人しくしていました。まさしく飼い主の必死の姿を見て信頼してくれて、もしかしたら自分たちが余計に騒いではいけないと感じたのかもしれないです。小さな体なのに、小鳥の賢さにはいつもびっくりします。

停電はいまは復旧しましたが、ガス復旧の目途が全然立たないそうです。
現代生活は意外にもろい。でも人の心の温かさと強さを今回はしみじみと感じました。
被災地の方々も、早く幸せを取り戻してほしいと祈るばかりです。

これからもぜひ遊びに来てくださいね。
更新が遅れがちになったりもしますが(^^;、何よりみんなにみてもらえることが大きな励みになりますから。

476:大変だったんですね~! by soramama on 2011/03/22 at 16:37:24

うちは家の中は食器もほとんど落ちてなかったので
くうやさん宅の方が大きな地震だったんですね(驚)
唯一2階の天井がひび入りましたが・・ ^^;
そのような地震がきたときの参考になります、ありがとう。
辺コメに少し書かせてもらいましたが、ご無事で何よりです!
応援ぽちして帰りま~す☆
 

481:soramamaさんへ by そらぴよ on 2011/03/26 at 08:45:03

うわっ、ひびが入っちゃったんですか(^^;
それでは心配でしょう。
うちは凄い揺れだったのに、物が落ちた以外はクローゼットのガラス窓に10センチ程度が割れただけでした(>_<)

こちらこそ、soramamaさんがご無事でほっとしました♪
そちらの記事を読んで、これは大変だ∑(゚◇゚)ノとずっと後からだけど焦りましたから。
可愛い空ちゃんの安全、心配ですもんね。

また伺います~☆

▼このエントリーにコメントを残す

   

3.11大地震その瞬間。後悔してもまた、同じことをするのかな。

菜生人の出せ出せアピール
菜生人。この信頼しきった、無垢な黒い瞳に弱い・・・


3月11日、2時46分。
私は自宅でノートパソコンに向かっていました。
わりと耐震対策がなされている木造2階住宅。
襖で2間を仕切ってある、自室の窓際です。
部屋には天井に届くほどの1.9mの大きな洋服ダンスや、重い棚が3つ。
デスクチェアの背後には、鳥かごが4つ・・・それぞれ1つずつの小さい置き台に乗せています。

最初は、ゆっくりとした横揺れでした。
私は高をくくって、パソコンに向かったまま。

ところが徐々に加速してきて、いきなり家全体を揺さぶるような大揺れに。

私は廊下のドアをあけようと走り出しました。
唯一物のないそこに逃げ込もうと、前からシミュレーションしていた場所だから。

ドアは開けた。
そして4つの鳥かごも助けようと戻ると、鳥かご近くのガラス窓は半分開いてしまっていました。
室内では重量級のたんす3つが、ぴょんぴょん飛び跳ねている・・・
地震対策でしっかり確実に固定してあったのに、どこか外れたのか、ぐっと前にせり出している。

これは異常な地震だ!と直感して2つのカゴをつかんだ瞬間。
轟音をたてて大揺れがきました。

「ここにいたら、下敷きになる・・・」

急いで逃げようと、持っていた2つのカゴを握りしめ。

でも、台に置いたままのもう2つのカゴを見ると・・・
その中では、地震が大嫌いなはずの文鳥たちが、なぜかほとんど騒がず私を見つめていました。

私はもう一度廊下を見て・・・

・・・そこに逃げるのをあきらめました・・・

カゴ4つをいっぺんには持てない。不安定に持って動ける状況じゃない。
でも2つを置いて、また戻ってこれる余裕のある地震じゃない・・・

自分と今持っているカゴ2つは、何とか廊下に辿りつけるだろう。

でも、もう2個は。
何かの下敷きになるか・・・ケージが丈夫なのは知ってるけど、あいにく家具が重すぎる・・・。
それとも開いている窓から、ベランダに吹っ飛んでひっくり返るか。

私はとっさに2間の真ん中の、できるだけ物から遠いところにかがみこみ、
片手を伸ばしてもう2個のカゴも、1個ずつ抱き寄せました。

揺れはもう、壊れた脱水機に放り込まれたよう。
ガッコンガッコンと、2階がちぎれそうな勢い。
うっかり立ちあがれば壁に叩きつけられそうでした。
棚やタンスの中身はすでに、飛びだしている。

そしてガタッ、と激しい音がしたら・・・
頭のすぐ横をかすめて襖が外れ、ドーン!とひっくり返りました。

和洋折衷の、重量級の襖。
それが2枚重なって倒れ、前方にある何かにひっかかって、かろうじて止まっている。
数センチの差で私の頭を直撃しなかったけど、その下に咲也のカゴが、下敷きになっている。

片手で柱につかまり、もう片手でカゴを引きずり出しました。

その間も、物入れ上段の戸が吹っ飛び、アルバムや母の着物が入った重い段ボール箱が落ちてくる。
頭すれすれに掛け時計が落ちてきて、テーブルの上のマグカップや置き時計、栽培していた豆苗容器が飛んでくる。

大きなタンスは、部屋の真ん中近くまで移動してきて、ゆらゆら不安定に揺れていました・・・

「もう終わりかな」
静かに思いました。
大地震が来たら、どれだけドキドキしてパニックするだろうと思っていたけど、やたら冷静にいろんなことを考えている自分が不思議だった。

1階の決められた安全な場所にいるらしい母に、その場所でじっとしているように叫びながら・・・

もし、だけど。
もし仮に先に死んだら親不幸だろう・・・
小鳥をかばって死んだと、あとあと家族が笑い物にされなければいいな・・・でも同じことあったら私は後悔しながらこうするんだろうな・・・と思っていた・・・

揺れは少しおさまると、さらに途方もなく激しいものが、また来ました。
3回に分けて、その間、3分から5分くらい。
正確な時間はわからないけど、異様に長かった。

揺れがおさまると・・・
鳥の置き台はベランダに吹っ飛んでいた。

ただ、逃げ込むはずだった廊下には、クローゼットから物が飛び出して散乱してました。
何よりあの揺れでは、廊下をすべって階段から落ちることもあり得る。
もしかしたらかえって、鳥たちに助けられたかもしれないです。

めちゃくちゃの室内を片付けながらラジオを聞いていると、どんどんマグニチュードが上方修正されていく。

マグニチュード9。世界で4番目に大きい地震だと、のちにわかりました。

これはその瞬間の、ばかな一文鳥飼いと文鳥たちのささやかな光景です。
ありがたくも、家族もペットも家も、みな無事な私たちでした。

命が失われるのは、もちろん人でも動物でも、辛い・・・

5日間の停電の後ニュースをみたら、身を切られるようです。

地震・津波で家族や家や大切な人間を失った方々。
避難先で凍えている方々、原発の放射能から避難している方々に、1日でも早く平和で幸せな日々が戻りますように。




にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村










トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
466: by ぴぴママ on 2011/03/21 at 14:32:30

はじめまして。いつも参考になるブログと思い、拝見させていただいています。特に停電時の保温は病鳥、老鳥、雛には重要です。我が家も病鳥がいるため停電時の保温は重要でした。仕事をしているため、計画停電時は家に不在のこともあり、ペットボトル保温は有効でした。
話はかわり、鳥たちは地震で(余震も)飼い主がいるとパニックにはならず、こちらをみつめ「大丈夫だよね」と話かけられているようでした。余震では在宅時が多かったため、鳥さんの信頼を感じました。
そらぴよさんのところは地震はひどかったですね。停電もながく不安だったと察します。お体などは大丈夫でしょうか。
1日もはやく普通の生活が送れるようになることを心から願わずにはいられません。
今後もいろいろと活用させていただきます。ありがとうございます。

475:ぴぴママさんへ by そらぴよ on 2011/03/22 at 14:31:17

はじめまして、ぴぴママさん。
いつも読んで下さっていて、そしてコメントありがとうございます♪
保温のこと、今回の地震で一生懸命試行錯誤したので、お役に立てたなら嬉しいです。

それとうちの鳥たちも、普段の地震ではちょっと揺れただけでも騒ぐのに、今回は不思議なくらい大人しくしていました。まさしく飼い主の必死の姿を見て信頼してくれて、もしかしたら自分たちが余計に騒いではいけないと感じたのかもしれないです。小さな体なのに、小鳥の賢さにはいつもびっくりします。

停電はいまは復旧しましたが、ガス復旧の目途が全然立たないそうです。
現代生活は意外にもろい。でも人の心の温かさと強さを今回はしみじみと感じました。
被災地の方々も、早く幸せを取り戻してほしいと祈るばかりです。

これからもぜひ遊びに来てくださいね。
更新が遅れがちになったりもしますが(^^;、何よりみんなにみてもらえることが大きな励みになりますから。

476:大変だったんですね~! by soramama on 2011/03/22 at 16:37:24

うちは家の中は食器もほとんど落ちてなかったので
くうやさん宅の方が大きな地震だったんですね(驚)
唯一2階の天井がひび入りましたが・・ ^^;
そのような地震がきたときの参考になります、ありがとう。
辺コメに少し書かせてもらいましたが、ご無事で何よりです!
応援ぽちして帰りま~す☆
 

481:soramamaさんへ by そらぴよ on 2011/03/26 at 08:45:03

うわっ、ひびが入っちゃったんですか(^^;
それでは心配でしょう。
うちは凄い揺れだったのに、物が落ちた以外はクローゼットのガラス窓に10センチ程度が割れただけでした(>_<)

こちらこそ、soramamaさんがご無事でほっとしました♪
そちらの記事を読んで、これは大変だ∑(゚◇゚)ノとずっと後からだけど焦りましたから。
可愛い空ちゃんの安全、心配ですもんね。

また伺います~☆

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。