プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
500:No title by しずく on 2011/04/19 at 00:08:00 (コメント編集)

面白い話ですね~ぜひアンケートをとってほしいですe-257
うちのサクラは3月生まれのメス。
リムは10月生まれの秋子だけどメス。
いつかオスを飼ってみたいけれど、
ヒナからだと確立というより、縁(運)なんでしょうね~。

501:天からの授かりもの by ぴょぴょち on 2011/04/19 at 05:10:28

爬虫類や両生類なら卵のときの温度で性別が決まるようです。
でも文鳥ってオスの方が多いのですね。
カップルは愛情表現が一途な一夫一婦の関係だから生まれる
率は同じくらいだと思っていました。

1月生まれのギンちゃんは女の子ですが、卵を産んだことは
ありません。
産んだとしても無精卵なので、ずっと産まないで欲しいです。
そういうリスクもあり、一羽飼いで繁殖も考えていなかったので
もしもヒナの時から性別が分かるならオスを選んでお迎えしたと
思います。
それでも命は天からの授かりもの。
今となってはかけがえのないギンちゃんです(^^)/

502:No title by ぴぴママ on 2011/04/19 at 11:50:19

面白いですね。うちは昨年末まで、文鳥4羽いましたが、すべて女の子。春生まれが2羽、秋が2羽、でも全部女の子っていうのはどうなの?でした。つらいのは、自分のために卵を産もうということがつらいです。男の子がいなくてさみしいとおもったら、昨年末に中雛を迎え、なんと男の子でした。でも、カップル成立にはなっていません。残念。

503:No title by マサキチ! on 2011/04/19 at 21:03:48

こんばんは!
本当に興味深いお話ですね!!
どうして春産まれの子は女の子が多いのか不思議です♪

うちは現在5羽になりましたが、4羽時代はうち3羽が男の子。
文鳥さんは男の子の方が多いからだったのですね(笑)
そらぴよさんのおうちは女の子が多いなんてすごいです(*^_^*)

文鳥さんって、本当に奥が深いですね(●^o^●)

504:No title by ひろの妻 on 2011/04/20 at 13:38:56

私も小鳥屋の店主から、おす、メスの割合を聞いたら、同じような話でした。
最近、お迎えする子はメスばかり、自家繁殖の子はメスばかりです。女子率高し!割合としては少ないのにね。
遺伝は、奥深いですね。

509:しずくさんへ by そらぴよ on 2011/04/22 at 22:24:06

こんにちは。

はいっ、さっそくアンケートをとってみました♪
こういうデータは、今までなかったでしょうから^^
みなさん、投票して下さるとうれしいなぁ☆

文鳥のヒナは全然雌雄の区別がつかないので、確かに縁や運ですよね~。
けっこうオスメス見分けになまじのプロさんより自信をもつ(笑)私でも、長年鳥を扱った小鳥店さんでも、こうやって見わけがつかないわけです^^ ヒナの時にコロンとした丸いクチバシでも、成長するにつれて細いメスのクチバシに変わったり。逆に華奢な体型のヒナがぐぜりだしたり。

でもそこもまた、文鳥の面白さだとも思います♪
また遊びに来てくださいね(*^-^)

510:ぴょぴょちさんへ by そらぴよ on 2011/04/23 at 10:51:01

こんにちは!

卵の温度ですか。なるほど~。

文鳥はなぜかオスの割合が本来なら多いらしいです。さらにメスは産卵時の死亡率が高いので、ますます成鳥のメスはオスよりグンと高価・・・と聞きました。

ギンちゃんは無事卵を産まないで春を迎えられたようですね\(*^◇^*)/
女の子は産卵障害で心配するリスクは大きいけど、でもこまやかな心遣いをみせてくれたりして、オスにはない可愛らしさがあるのが好きです♪
文鳥はヒナの時はオスメス区別がつかない・・・やっぱりそれは、天からの授かりものだからかもしれないです(*^-^)
うちの女の子軍団も、飼い主には一途で愛情たっぷりです♪ 余所にいる姿は想像つきませんよね☆ 

511:ぴぴママさんへ by そらぴよ on 2011/04/23 at 11:14:11

こんにちは!

すごいですね、4羽とも女の子・・・うちと似ているけどうちより凄い^^
鳥は鳥相手がいなくても、飼い主を立派なつがい相手に見て卵を産むから心配ですよね。文鳥は夜に寝かせる時間を短めにすると何とか収まることも多いけど、それも若いうちは難しい・・・。あの尻尾フリフリブゥ~ン!を見るとドキドキドキ(笑)。

それにせっかくの黒1点なのにメスが相手にしないのも、うちと同じ(^^; 
飼い主べったりなんですよね~☆ でもそこが文鳥の好きなところです♪

512:マサキチさんへ by そらぴよ on 2011/04/23 at 11:20:13

こんにちは!
今度は何が何でもクリスマス前にヒナを買ってみるぞーと思うくらい、うちではメスばかりだし、昔の飼育本にも書いてあったので(^^;

男の子が4分の3とは、うらやましいです^^
うちは以前は8羽全部がオスとか、うまれた5羽がすべてオス・・・ということも多かったんですが、今は女の子続き(*^-^)

ほんとに文鳥は奥が深いです。
偉い学者さんに、もっともっと研究してもらいたいですよね♪

513:ひろの妻さんへ by そらぴよ on 2011/04/23 at 11:25:55

こんにちは(*^-^)
ですよね、小鳥店さんはそう言いますよね。どの小鳥店さんでも口をそろえて同じことを言いますし、私も直近の子たちをお迎えするまではずっとそう思ってました。

でもそちらで繁殖されてる子たちも、メスが多いんですか!
実に興味深いお話ですね。
女子率は人間でも上がってきてるし、何か環境ホルモンとかそういう影響もあるんでしょうか? ますます文鳥への興味は尽きません^^

▼このエントリーにコメントを残す

   

春生まれの文鳥には、メスが多い?

これはメスの咲也。
メスの咲也、3月生まれ。



◎優希・・・オス。12月生まれ。
△故・翔太(優希と同時お迎え・・・オス。12月生まれ)
◎連・・・メス。4月生まれ。
◎菜生人・・・メス。3月生まれ。
◎咲也・・・メス。3月生まれ。

我が家の現在の文鳥たち。
4羽のうち、1羽がオスで冬生まれ。
3羽がメスで、みな春生まれ。
また優希と同時にお迎えして早世した翔太が、同じく12月生まれのオス。

偶然にもオスがすべて冬生まれ。
メスがすべて春生まれ。

最近はたまたま春にばかりお迎えしてますが、ふしぎにメスばかり!

小鳥店さんには大笑いされましたよー
「メスばかりだね。文鳥はオスの方がずっと多いのに。オスが7くらいの割合だよ」
と。

「その咲也を、『これがオススメ。これはたぶんオスだから』」と言って薦めてくれたのは誰でしょうねー」、と私もふざけて言い返しましたが。

小鳥店さんが言うには、オス:メスの比率が7:3。
ちなみに私は6:4くらいと思ってます。

そして過去に飼った文鳥は、やはりたいていがオス。
お迎えする時期は、以前はクリスマス前後が多かったです。

しかし子供のころ初夏に、祖母が私のためにお店に無理を言って注文してくれた2羽もメス・・・

もちろん冬生まれのメスもいて繁殖してくれましたが、やっぱり春生まれには我が家の場合、メスが圧倒的に多かったです。主観かもしれないですが。

でも子供のころ読んだ昔の飼育書には、文鳥は春生まれにはメス、秋冬生まれにはオスが多い・・・と書いてありました。

やっぱりほんとかなー。
季節がホルモンに影響するのだろうか?

それとも繁殖疲れから体力が落ち気味のメス文鳥には、オスよりメスの方が遺伝子的に安定性が高いので、自然にリスクを避けてメスが作られるのだろうか? などと、つらつら考えてしまいました。

環境ホルモンがどうたら・・・というとやっぱりメスが増えるとか聞くし。
いろいろ調べたけど、正確な統計もあるはずなく、科学的理由もわからなかった。

それにしても7歳半の優希が元気なうちに、オスになるヒナをお迎えしたいです。
我が家のオスに代々伝わる、我が家流文鳥オスの囀り。

正確にさえずる師匠が健在なうちに、弟子に囀りを伝授してほしいなあ。






ランキングに参加しております。ぽちっ、と愛のひと押しをもらえたら、すごく嬉しいです♪
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

FC2ノウハウ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
500:No title by しずく on 2011/04/19 at 00:08:00 (コメント編集)

面白い話ですね~ぜひアンケートをとってほしいですe-257
うちのサクラは3月生まれのメス。
リムは10月生まれの秋子だけどメス。
いつかオスを飼ってみたいけれど、
ヒナからだと確立というより、縁(運)なんでしょうね~。

501:天からの授かりもの by ぴょぴょち on 2011/04/19 at 05:10:28

爬虫類や両生類なら卵のときの温度で性別が決まるようです。
でも文鳥ってオスの方が多いのですね。
カップルは愛情表現が一途な一夫一婦の関係だから生まれる
率は同じくらいだと思っていました。

1月生まれのギンちゃんは女の子ですが、卵を産んだことは
ありません。
産んだとしても無精卵なので、ずっと産まないで欲しいです。
そういうリスクもあり、一羽飼いで繁殖も考えていなかったので
もしもヒナの時から性別が分かるならオスを選んでお迎えしたと
思います。
それでも命は天からの授かりもの。
今となってはかけがえのないギンちゃんです(^^)/

502:No title by ぴぴママ on 2011/04/19 at 11:50:19

面白いですね。うちは昨年末まで、文鳥4羽いましたが、すべて女の子。春生まれが2羽、秋が2羽、でも全部女の子っていうのはどうなの?でした。つらいのは、自分のために卵を産もうということがつらいです。男の子がいなくてさみしいとおもったら、昨年末に中雛を迎え、なんと男の子でした。でも、カップル成立にはなっていません。残念。

503:No title by マサキチ! on 2011/04/19 at 21:03:48

こんばんは!
本当に興味深いお話ですね!!
どうして春産まれの子は女の子が多いのか不思議です♪

うちは現在5羽になりましたが、4羽時代はうち3羽が男の子。
文鳥さんは男の子の方が多いからだったのですね(笑)
そらぴよさんのおうちは女の子が多いなんてすごいです(*^_^*)

文鳥さんって、本当に奥が深いですね(●^o^●)

504:No title by ひろの妻 on 2011/04/20 at 13:38:56

私も小鳥屋の店主から、おす、メスの割合を聞いたら、同じような話でした。
最近、お迎えする子はメスばかり、自家繁殖の子はメスばかりです。女子率高し!割合としては少ないのにね。
遺伝は、奥深いですね。

509:しずくさんへ by そらぴよ on 2011/04/22 at 22:24:06

こんにちは。

はいっ、さっそくアンケートをとってみました♪
こういうデータは、今までなかったでしょうから^^
みなさん、投票して下さるとうれしいなぁ☆

文鳥のヒナは全然雌雄の区別がつかないので、確かに縁や運ですよね~。
けっこうオスメス見分けになまじのプロさんより自信をもつ(笑)私でも、長年鳥を扱った小鳥店さんでも、こうやって見わけがつかないわけです^^ ヒナの時にコロンとした丸いクチバシでも、成長するにつれて細いメスのクチバシに変わったり。逆に華奢な体型のヒナがぐぜりだしたり。

でもそこもまた、文鳥の面白さだとも思います♪
また遊びに来てくださいね(*^-^)

510:ぴょぴょちさんへ by そらぴよ on 2011/04/23 at 10:51:01

こんにちは!

卵の温度ですか。なるほど~。

文鳥はなぜかオスの割合が本来なら多いらしいです。さらにメスは産卵時の死亡率が高いので、ますます成鳥のメスはオスよりグンと高価・・・と聞きました。

ギンちゃんは無事卵を産まないで春を迎えられたようですね\(*^◇^*)/
女の子は産卵障害で心配するリスクは大きいけど、でもこまやかな心遣いをみせてくれたりして、オスにはない可愛らしさがあるのが好きです♪
文鳥はヒナの時はオスメス区別がつかない・・・やっぱりそれは、天からの授かりものだからかもしれないです(*^-^)
うちの女の子軍団も、飼い主には一途で愛情たっぷりです♪ 余所にいる姿は想像つきませんよね☆ 

511:ぴぴママさんへ by そらぴよ on 2011/04/23 at 11:14:11

こんにちは!

すごいですね、4羽とも女の子・・・うちと似ているけどうちより凄い^^
鳥は鳥相手がいなくても、飼い主を立派なつがい相手に見て卵を産むから心配ですよね。文鳥は夜に寝かせる時間を短めにすると何とか収まることも多いけど、それも若いうちは難しい・・・。あの尻尾フリフリブゥ~ン!を見るとドキドキドキ(笑)。

それにせっかくの黒1点なのにメスが相手にしないのも、うちと同じ(^^; 
飼い主べったりなんですよね~☆ でもそこが文鳥の好きなところです♪

512:マサキチさんへ by そらぴよ on 2011/04/23 at 11:20:13

こんにちは!
今度は何が何でもクリスマス前にヒナを買ってみるぞーと思うくらい、うちではメスばかりだし、昔の飼育本にも書いてあったので(^^;

男の子が4分の3とは、うらやましいです^^
うちは以前は8羽全部がオスとか、うまれた5羽がすべてオス・・・ということも多かったんですが、今は女の子続き(*^-^)

ほんとに文鳥は奥が深いです。
偉い学者さんに、もっともっと研究してもらいたいですよね♪

513:ひろの妻さんへ by そらぴよ on 2011/04/23 at 11:25:55

こんにちは(*^-^)
ですよね、小鳥店さんはそう言いますよね。どの小鳥店さんでも口をそろえて同じことを言いますし、私も直近の子たちをお迎えするまではずっとそう思ってました。

でもそちらで繁殖されてる子たちも、メスが多いんですか!
実に興味深いお話ですね。
女子率は人間でも上がってきてるし、何か環境ホルモンとかそういう影響もあるんでしょうか? ますます文鳥への興味は尽きません^^

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。