プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1071:正解 by 飼育者 on 2017/06/04 at 10:03:53

小鳥用の補助餌は身体に合わない原材料がありますので、安易に与えるのは注意ください。

大まかにしか記載されていない原材料表記、糖類、着色料保存料、粟ばかりな穀物の配合比率、不衛生なボレー粉、青菜に満たないグリーンフードなど、国産の小鳥用品は油断できません。

換羽でもネクトンや青菜で十分に思います。

日常は、皮つき餌にペレットを与えると微量栄養補給にも良いです。

1072:「飼育者」さんへ by そらぴよ on 2017/06/06 at 06:32:45

コメントありがとうございます。
一定期間ブログをさぼると、コメントが自動的に承認制になるみたいですみません 汗。

いろんな製品がありますよねえ。
企業はどうしても売りたいものなので、飼い主がきちんと考えて与えないといけないですよね。

うちはエサやボレー粉・青菜を厳選する分、ネクトンさえ体調に異変がなければ与えないですが、肥満することもなく元気でいてくれています。

それとうちは代々やはり、青米ですね。
無農薬にかぎりますが、クチバシの維持にも役立つみたいです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

換羽時の栄養。与えすぎてはいない?

文鳥はいま、換羽まっさかりですね。
我が家の文鳥も今、咲也♀と優希♂が換羽中。

咲也は少し前から始まって、もうほとんど終了です。
鶏小屋のように盛大に羽が抜けたものの、今はほとんど生え換わりつつあります。

少し前に抜けた、咲也の羽。数時間で、これだけカゴの下に落ちました。
数時間でおちた、咲也の羽。少し前に撮影していたもので、現在はほとんど換羽終了。



換羽中はたまにぼーっとして、大好きなケンカも減っていましたが、クチバシ・アイリングは真っ赤。
水浴びも率先してやっていました。

7歳半の優希は冬にプチ換羽になる癖があります。
今年も早々にプチしたせいか、今回は少し頭がトゲトゲな程度。
生後1年の換羽で声が出なくなったオスですが、その時以外では調子が悪い様子は全然ナシ。

ちょっとだけ換羽の優希。熟年7歳半オス。

大口開けて、アクビ中。
頭だけがプチトゲトゲな優希。平和な生活で、大口あけてあくびした瞬間。




文鳥の換羽時。
いつもより文鳥が元気がない心配して、いろいろ努力される飼い主さんが多いですよね。

でもうちでは換羽時でも、特別な異常や病気がないなら、ネクトンなどのビタミン剤や栄養剤・その他いろんな薬や特別なものは与えていません。

我が家の対策としては・・・
青菜をこまめに買い換えて、新鮮なところを与える。
ボレー粉も毎日交換する。
エサのシードも、国産無農薬とまではいかなくても、食い付きのいいエサ・・・キクスイさんか小鳥店のエサを新鮮な状態で与えるくらいです。

ただし。
うちはですが、粟穂はこの時期、全員お休みします。
普通の殻つきエサより、汚れやカビ・流れてきた農薬など何か良くないものがついている気がするので。
いつもよりも少しでも肝臓にかかる負担が減ればいいな、と。

それに青菜も念入りに洗って、無農薬自作の豆苗とローテーションする。
ケージと周りをなるべく清潔にして、疥癬や細菌の病気にかかるのを防ぐ・・・

その程度の気分的対策で、特別に栄養価を高めたりビタミン剤を与えたりは、あえてしない。
どちらかというと、与える派の飼い主さんが多いことは承知してますが。

ちなみに、菜生人♀の1歳の換羽終了前。
元々少し虚弱な文鳥なので、良かれと思って少し栄養をつけさせてしまった(>_<)
ネットでどんなエサもサプリも手に入るので、いつもより欲を出してしまったんです。

まずはビタミン剤を考えたけど、人工物はやはりできるだけ却下。
エサで自然に栄養をつけさせよう!
そう思って、カスタムラックスやナチュラルラックス、その他いわゆる「高級なエサ」を一度試してみようと決意しました。
普段は、シンプルな4種殻つき配合エサです。

カスタムラックスは、ちょっと怖がりで好き嫌いの激しい菜生人には、大きい粒が多くて嫌がるだろう。
考えたあげく、試してみたのは黒瀬ペットフーズさんの、「マニア文鳥」。
これならエサ粒も小さいし、栄養もありそうだ・・・と思ったけど、失敗した~。

菜生人はニガシード、フルーツや野菜の顆粒はほとんど残しました。
それでいて・・・1羽でごちそう独り占めにした1カ月近くで、太ってしまった!
25~26グラム一定の子が、28グラムに。
文鳥には高カロリーすぎるニガシードを少しでもと、それと多めのエゴマを食べたせいかも。

何より計測した数字より、手に持ったずっしり感がいつもと違いました。
そらぴよの数少ない特技?に、手に持つとうちの文鳥の体重の増減が1グラム以下単位でわかるというのがあります。
時に安いデジタル計りより正確です
持ってみてうわ重い! と焦りました・・・。

即、エサを他の子と同じものに戻しました。
その後卵を産んだこともあって、元通り痩せました。
産卵がなかったら、しばらくダイエットかと思うとぞっとします。

そういうわけで、その時も、いつものやり方を再確認。

エサは工夫されすぎた高級エサより、シンプルな殻つきエサ。
それができるだけ良質で、新鮮なのがいい。
もちろん青菜とボレー粉もしっかり。
それにたま~に塩なしの鰹節や、魚系のものを手からあげるくらい。

ちなみに調子の悪そうな子には、卵の黄身を水でごくごく少しだけ伸ばして(粘度があるので喉やそのうに詰まらないように)、1日ほんの数滴、これも指からあげました。
そうすると目の輝きや生きの良さが違ってきた。
でもこれも与えすぎ要注意、です。

飼い鳥の情報は、進んできていますよね。
換羽時に動物病院に連れていくと、獣医師さんはビタミン剤栄養剤その他を処方されます。
が、それに栄養のあるエサを加えると、元々粗食でもいいフィンチには栄養のつきすぎで太ったりしがちなようです。

普通に健康な子と、少しだけ虚弱な子には、換羽時もいつも通り。
ちょっとだけ気を配るだけでいいかな。

我が家の換羽は、マイペースでまったり、現在進行形。





ランキングに参加しております。よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村


FC2ノウハウ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1071:正解 by 飼育者 on 2017/06/04 at 10:03:53

小鳥用の補助餌は身体に合わない原材料がありますので、安易に与えるのは注意ください。

大まかにしか記載されていない原材料表記、糖類、着色料保存料、粟ばかりな穀物の配合比率、不衛生なボレー粉、青菜に満たないグリーンフードなど、国産の小鳥用品は油断できません。

換羽でもネクトンや青菜で十分に思います。

日常は、皮つき餌にペレットを与えると微量栄養補給にも良いです。

1072:「飼育者」さんへ by そらぴよ on 2017/06/06 at 06:32:45

コメントありがとうございます。
一定期間ブログをさぼると、コメントが自動的に承認制になるみたいですみません 汗。

いろんな製品がありますよねえ。
企業はどうしても売りたいものなので、飼い主がきちんと考えて与えないといけないですよね。

うちはエサやボレー粉・青菜を厳選する分、ネクトンさえ体調に異変がなければ与えないですが、肥満することもなく元気でいてくれています。

それとうちは代々やはり、青米ですね。
無農薬にかぎりますが、クチバシの維持にも役立つみたいです。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。