プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
565:やあ! by えま~ゆ on 2011/06/08 at 23:11:10

こんばんは~
なんとなくお久しぶりです。

テレビで放置されたペットを見るとやりきれない気持ちです。
動物たちはなぜ置いていかれたかわからないだろうし、置いていかなかればなかった飼い主さんもどれだけ辛いことか…

今回の震災で、正直ペットを飼うことはやめよう…と思いました。。。
人間の都合で飼っているのだから、最後まで人間が責任を持つべきだと思う…
私はそれをやりきる自信がないな~って思いました。

オカメちゃんが死んじゃった時も、いままで文鳥たちを看取ってきた時もとっても辛かった。。。

複雑な気持ち~~をどう表現したらいいのかな~

ごめんね~変なコメントで…
相変わらずいろんなことにチャレンジしてるね(^_-)-☆

566:えまーゆさんへ♪ by ルピ on 2011/06/08 at 23:49:41

こんばんは(^o^)お久しぶりです!私全然ネットに顔出してなくて(^^ゞツイッターも全然してない(^^ゞ
ペットは人間と同じように、いや、それ以上に被害者だと思うの。だって今の状況がわからないんだもん…
餓死していく動物たち…見てるしかない人間たち…誰の責任なのか…
テレビから目をそむけてしまう…何もできない私…
うちのプーくん、ララくん、メイちゃんも、いつか別れがくる。けれど、天寿を全うしてほしい…全ての動物が天寿を全うしてほしい…そう願うばかりです…

567:えまーゆさんへ by そらぴよ on 2011/06/09 at 00:19:35

お久しぶりです~(*^-^)

ほんとに。
気持ちのやり場をどこにもっていいのか、分からない状態です。
文鳥たちが信頼しきった黒い眼をまっすぐに向けてくる。
私はそれに応えられるのだろうか、と思います。
自分の身も守れない時、小鳥たちをどうしようかと。

それに気の毒な被災地の動物を見ると、何かしたくてたまらなくなるけど。
たとえばボランティアでもいいのだけど、肝心の法律条例がダメならいつまでもこの状況は繰り返されるとも思うんですよね。

どうしていいのかわからないけど・・・
文鳥はもうハワイ以外では人に飼われることなしに生きていないのだから、精一杯彼らと生きてみようとも思ったりします・・・
そうして何かあれば、動物に申し訳ないし自分の心もズタボロになるんですが・・・でも買ってしまう・・・>< 小鳥馬鹿なんですよねえ(^^;

トリネシア、楽しいですよ^^

▼このエントリーにコメントを残す

   

避難地域の飼い主さんの慟哭

花。


たまたまついていたテレビで。
原発避難区域のペット救出ドキュメントをやっていました。

道路では多くの犬が人間を見るとエサを求めてやってくる。
家畜は少し広い場所で、固まっている。
よく見ると、犬も家畜も足元が少しふらふらしている・・・栄養不足だからだろうか。

繋がれたままの犬たちは、とっくに餓死していました。
道のところどころで、ペットの犬猫の死体・家畜の死体が横たわっている。

突然画面が家の中に切り替わると、
年配の女性の凄まじく激しい泣き声が上がりました。
うわぁぁぁぁぁぁっ、ぎゃぁぁぁぁぁっ、というまるで我が子を亡くしたような、そんな慟哭。
「ごめんねごめんね、置いていってごめん」
女性はすがるようにして、しきりに謝っていました。
亡骸となった愛犬と対面したところでした。

動物救出団体の人たちが女性を慰めながら、そっと大きな布に犬をくるんでいる。

「こういう声を行政に聞かせてやりたい」
そう言った救出団体の人たち。

私は窓の外を素知らぬ顔で見て、盛り上がりそうになる涙を隠しました。

福島では避難所にはペットは入れないらしい。
また他地域の動物病院や保健所が、一時的に引き取るシステムもない。
いくら民間団体が動こうとも、行政が決める動物を助けるシステムにはかなわないんですよね。
こうして、まだ今は辛うじて助かっている命が失われていく。

対照的に、それより以前のテレビで見た光景で、宮城の若林地区や名取市の避難所では初日から廊下や屋上に犬がうろうろしていました。

この、差。

放射能と津波の被害という差はあっても、やっと叶った一時避難でもペットを連れてくることが許されない地域と、事前に対策が多少でもされている地域。
たとえ実際の避難所で白い目で見る人が出ようとも、法律や条例のバックアップがある。これは大きいです。

動物団体だけが小手先でどうこうではなく、ペットを含めて弱者も行政・自治体が生きる道を考えて法整備する、対策に盛り込む、ということが必要なんだろうなあと思いました。
どうも、強者や健常者だけの目線で地震対策がされているような気がしてならない。

といって具体的にどうできるわけでもないのですが。

とりあえず、海外向きのツイッターアカウントを作りました。
外国からの情報でも仕入れるか。外から日本を突つけないかなあ・・・。




にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村











FC2ノウハウ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
565:やあ! by えま~ゆ on 2011/06/08 at 23:11:10

こんばんは~
なんとなくお久しぶりです。

テレビで放置されたペットを見るとやりきれない気持ちです。
動物たちはなぜ置いていかれたかわからないだろうし、置いていかなかればなかった飼い主さんもどれだけ辛いことか…

今回の震災で、正直ペットを飼うことはやめよう…と思いました。。。
人間の都合で飼っているのだから、最後まで人間が責任を持つべきだと思う…
私はそれをやりきる自信がないな~って思いました。

オカメちゃんが死んじゃった時も、いままで文鳥たちを看取ってきた時もとっても辛かった。。。

複雑な気持ち~~をどう表現したらいいのかな~

ごめんね~変なコメントで…
相変わらずいろんなことにチャレンジしてるね(^_-)-☆

566:えまーゆさんへ♪ by ルピ on 2011/06/08 at 23:49:41

こんばんは(^o^)お久しぶりです!私全然ネットに顔出してなくて(^^ゞツイッターも全然してない(^^ゞ
ペットは人間と同じように、いや、それ以上に被害者だと思うの。だって今の状況がわからないんだもん…
餓死していく動物たち…見てるしかない人間たち…誰の責任なのか…
テレビから目をそむけてしまう…何もできない私…
うちのプーくん、ララくん、メイちゃんも、いつか別れがくる。けれど、天寿を全うしてほしい…全ての動物が天寿を全うしてほしい…そう願うばかりです…

567:えまーゆさんへ by そらぴよ on 2011/06/09 at 00:19:35

お久しぶりです~(*^-^)

ほんとに。
気持ちのやり場をどこにもっていいのか、分からない状態です。
文鳥たちが信頼しきった黒い眼をまっすぐに向けてくる。
私はそれに応えられるのだろうか、と思います。
自分の身も守れない時、小鳥たちをどうしようかと。

それに気の毒な被災地の動物を見ると、何かしたくてたまらなくなるけど。
たとえばボランティアでもいいのだけど、肝心の法律条例がダメならいつまでもこの状況は繰り返されるとも思うんですよね。

どうしていいのかわからないけど・・・
文鳥はもうハワイ以外では人に飼われることなしに生きていないのだから、精一杯彼らと生きてみようとも思ったりします・・・
そうして何かあれば、動物に申し訳ないし自分の心もズタボロになるんですが・・・でも買ってしまう・・・>< 小鳥馬鹿なんですよねえ(^^;

トリネシア、楽しいですよ^^

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。