プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
579:NoTitle by マサキチ! on 2011/07/01 at 00:18:32

こんばんは♪
またしても興味深いお話ですね!!
弥富文鳥さんを、昔は何故ヒエだけで繁殖させていたのか、本当に不思議ですね(・_・;)

ヒエとアワでは、そのような違いがあるのですか!!
ヒエよりもアワを好きになって欲しいな、と思ってしまいました(~_~;)
益々、ヒエだけで繁殖させていたというのが謎ですね(*_*;

……あと、突然で恐縮なのですが、もしご迷惑でなければ、リンクに貼らせていただいてもよろしいでしょうか。
もしよろしければ、お願い致します。

580:マサキチさんへ by そらぴよ on 2011/07/01 at 07:33:17

飼育書を読んだ時もずっと以前なので、その時に小鳥店などで聞けば誰かわかったかもしれないですが、その実の理由はわからず(^^;。

青米が文鳥が好きなのも、もともとは青米がクズ米なので安く済んだので小鳥に与えた・・・だったみたいです。しかし文鳥にとっては普通の玄米より崩れやすく食べやすいので、大好物に。私も食べてみたことがありますが、噛むと口の中でデンプン質がバラバラになって、すこし甘く香ばしく感じます♪
ヒエの理由も、もっと確実なところが知りたかったです^^

リンク、ありがとうございます。
ぜひお願いします。
こちらも、貼らせて頂いてよろしいでしょうか?

581:NoTitle by マサキチ! on 2011/07/01 at 19:24:47

こんばんは♪
二度目、恐れ入ります(汗)

リンクの件、ご快諾下さいまして、とっても嬉しいです♪
本当にありがとうございます(*^_^*)
早速貼らせていただきます(●^o^●)

大好きな『文鳥ことり』さんにリンクを貼っていただけるなんて、感激です♪
ありがとうございます、ぜひ宜しくお願い致します!!

582:マサキチさんへ by そらぴよ on 2011/07/01 at 23:08:41

こんばんは!

こちらこそ、ありがとうございます。
さっそくリンクを貼らせていただきました♪
これでもう、お気に入りやブログ村から探さなくても、すぐに訪問できますね(*^-^)
楽しみです~♪

666: by on 2012/01/16 at 00:06:40

はじめまして。
とおりすがりのものです。


お米にウルチ米とモチ米があるように、アワやキビにもウルチとモチがあるのだそうです。

小鳥にはモチアワやモチキビは、消化に悪いかなにかで、体の負担になってしまうのだそうです。
ですから、モチの品種の穀物はなるべくあげたくありません。しかし、ぱっと見た目では、そのアワやキビが、ウルチなのかモチなのか分かりません。

ただ、ヒエはほとんどがウルチなのだそうで、文鳥さんのからだの負担が少ないように、弥富の人たちはヒエをメインにあげていたのではないかと思います。

長文失礼いたしました。
・Θ・

669:とおりすがりさんへ by そらぴよ on 2012/01/21 at 23:15:15

はじめまして。
訪問ありがとうございます。

モチの種類は粘り気があるからでしょうか?
お餅をたくさん食べると、腹持ちがいいのと同じかな(;^_^A

キビは特に食べさせすぎると消化が悪いらしくて、それはタンパク質の含有量が多いからとか・・・。文鳥もあまり量は食べないことが多いみたいですね。

昔の弥冨の繁殖方法は時に素朴だったので、ヒエが多かったのは昔はヒエは安く手に入ったからというつまりは経済原理からと・・・繁殖も手掛けていた小鳥店から以前聞いたことがありますが。いろんな理由があるでしょうね。

また訪問してくださいね♪

▼このエントリーにコメントを残す

   

ヒエ ~昔は弥富ではヒエを中心に繁殖させていた?

4羽・2日分のエサの殻。



これは、我が家の文鳥4羽の2日分のエサの殻。
15グラムあります

キクスイさんのエサでヒエが多いので、特に見た目も殻が多い。

このヒエですが。
一番印象に残っているのは実は、古い小鳥一般の飼育書で見つけた記述でした。
「弥富町では昔は、ヒエだけで文鳥を繁殖させていた」・・・という。

なんでヒエだけ?
アワや他のシードは与えなくていいのだろうか?
子供なりにそう疑問に思いましたが、当然身近な誰にも答えてもらえない。
結局自分で、「アワより安いのだろう」「栄養があってプロ御用達なのだろう(←この辺が子供独特の憧れと思い込み(笑))」などと解釈していました。

今でも正確な理由はわからない。
弥富でも、昭和30~40年代というかなり昔に行っていた飼育法らしいし、そもそも真偽を関係者に聞いたわけではないし。
食品成分表では、アワとヒエは可食部100グラムあたり364カロリーと367カロリーでほぼ同じ。他のタンパク質と脂質・ビタミンなどほとんと全てがアワとヒエが互角。

でもヒエを好む文鳥は今も多いです。

ちなみに有名な文鳥飼育書には、ヒエは食物繊維が多いために消化が早く、他のシードより一定時間でたくさん食べる。しかしアミノ酸のトリプトファンが少ないので、こればかり与えているとホルモンバランスが乱れるような記述が書いてあります。

逆にアワは微少栄養が豊富でアミノ酸が多く、肝機能増強・成長促進に役立つ。トリプトファンが多いのでメラトニンを生成し、神経を安定させる・・・とあります。

これらを見ていると、文鳥がヒエを好む理由がさらにわからなくなりますが・・・

ただ野生のスズメを見ていると、小さな雑草の種を丹念に探して食べているのを、よくみかけます。
意外と殻がしっかりついている穀物が、からとの間に栄養分が含まれているなどで好きなのかも? と思ったりもします。小鳥は殻をむいて食べることに楽しみを感じているので、その殻が大きいヒエは好みなのかな?と。

人間でも食の好みがあるとはいえ、文鳥語翻訳機が欲しいですね







ランキングに参加しております。励ましのぽち、をよろしくお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

FC2ノウハウ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
579:NoTitle by マサキチ! on 2011/07/01 at 00:18:32

こんばんは♪
またしても興味深いお話ですね!!
弥富文鳥さんを、昔は何故ヒエだけで繁殖させていたのか、本当に不思議ですね(・_・;)

ヒエとアワでは、そのような違いがあるのですか!!
ヒエよりもアワを好きになって欲しいな、と思ってしまいました(~_~;)
益々、ヒエだけで繁殖させていたというのが謎ですね(*_*;

……あと、突然で恐縮なのですが、もしご迷惑でなければ、リンクに貼らせていただいてもよろしいでしょうか。
もしよろしければ、お願い致します。

580:マサキチさんへ by そらぴよ on 2011/07/01 at 07:33:17

飼育書を読んだ時もずっと以前なので、その時に小鳥店などで聞けば誰かわかったかもしれないですが、その実の理由はわからず(^^;。

青米が文鳥が好きなのも、もともとは青米がクズ米なので安く済んだので小鳥に与えた・・・だったみたいです。しかし文鳥にとっては普通の玄米より崩れやすく食べやすいので、大好物に。私も食べてみたことがありますが、噛むと口の中でデンプン質がバラバラになって、すこし甘く香ばしく感じます♪
ヒエの理由も、もっと確実なところが知りたかったです^^

リンク、ありがとうございます。
ぜひお願いします。
こちらも、貼らせて頂いてよろしいでしょうか?

581:NoTitle by マサキチ! on 2011/07/01 at 19:24:47

こんばんは♪
二度目、恐れ入ります(汗)

リンクの件、ご快諾下さいまして、とっても嬉しいです♪
本当にありがとうございます(*^_^*)
早速貼らせていただきます(●^o^●)

大好きな『文鳥ことり』さんにリンクを貼っていただけるなんて、感激です♪
ありがとうございます、ぜひ宜しくお願い致します!!

582:マサキチさんへ by そらぴよ on 2011/07/01 at 23:08:41

こんばんは!

こちらこそ、ありがとうございます。
さっそくリンクを貼らせていただきました♪
これでもう、お気に入りやブログ村から探さなくても、すぐに訪問できますね(*^-^)
楽しみです~♪

666: by on 2012/01/16 at 00:06:40

はじめまして。
とおりすがりのものです。


お米にウルチ米とモチ米があるように、アワやキビにもウルチとモチがあるのだそうです。

小鳥にはモチアワやモチキビは、消化に悪いかなにかで、体の負担になってしまうのだそうです。
ですから、モチの品種の穀物はなるべくあげたくありません。しかし、ぱっと見た目では、そのアワやキビが、ウルチなのかモチなのか分かりません。

ただ、ヒエはほとんどがウルチなのだそうで、文鳥さんのからだの負担が少ないように、弥富の人たちはヒエをメインにあげていたのではないかと思います。

長文失礼いたしました。
・Θ・

669:とおりすがりさんへ by そらぴよ on 2012/01/21 at 23:15:15

はじめまして。
訪問ありがとうございます。

モチの種類は粘り気があるからでしょうか?
お餅をたくさん食べると、腹持ちがいいのと同じかな(;^_^A

キビは特に食べさせすぎると消化が悪いらしくて、それはタンパク質の含有量が多いからとか・・・。文鳥もあまり量は食べないことが多いみたいですね。

昔の弥冨の繁殖方法は時に素朴だったので、ヒエが多かったのは昔はヒエは安く手に入ったからというつまりは経済原理からと・・・繁殖も手掛けていた小鳥店から以前聞いたことがありますが。いろんな理由があるでしょうね。

また訪問してくださいね♪

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。