プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
613: by FISH on 2011/10/09 at 05:42:50

こんにちは。
優希ちゃん、治って良かった!!!
対処方法などとても参考になりました、ありがとうございます!

614: by マサキチ! on 2011/10/10 at 13:38:24

こんにちは♪
優希ちゃん、大変でしたね!(>_<)
でも、そらぴよさんの適切な処置で良くなってくれて、本当に良かったです(〃^ー^〃)
やはり保温は大事ですね!!
そして、つぼ巣は優希ちゃんのくつろぎスポットだったのですね(*´∇`*)

615:FISHさんへ by そらぴよ on 2011/10/11 at 23:59:35

こんにちは!
治ってほんと、ほっとしました♪
最近は病気になる子が少なくて、少し油断してたみたいです(^^;早めに対処すれば、素人でも何とかなるもんですね^^

616:マサキチさんへ by そらぴよ on 2011/10/12 at 00:02:12

こんにちは!
今はすっかり元通りで、うるさいくらいさえずって動き回っています^^
保温は、家庭でできる唯一の療法だと読んだことがあります(*^-^)ツボ巣は、文鳥はスズメ目科の鳥なので、ほっこりした狭い場所に潜るのが好きなのかもしれないですねo(^-^)o

▼このエントリーにコメントを残す

   

早期発見、早期対処・・・そしてツボ巣が効いた?

元気のもどりかけた優希。



今朝鳥たちを起こしたら、今年8歳のオス・優希の様子がおかしい。

◎いつものように、エサと水に飛びつかない。
◎フンが黄色っぽく、未消化の粒を含む便。
◎羽をかすかに震わせて、ほんの少しだけ膨らんでいる。
◎声をかけても反応がいつもより鈍い。
◎さえずらない。
◎他の鳥に興味を示さない。

・・・つまりは、病気症状。

前日夜まで非常に元気だったので、体調の悪そうな我が家の鳥の様子を見て、久しぶりに少し焦りました。

理由は?と考えてもあまり心当たりはない。

悪いもの・変わったものを食べたことはないし、エサも青菜も新鮮だったはず。
気温も室温も、暖かいくらいで冷え込みもない。

唯一、ひっかかったのは・・・前日の夜。
母の肩をもんでいる間のこと。
長時間だから放鳥する暇がなくなるので、リビングで母の肩をもみながら放鳥したことでした。

いつもは私の自室で出されることが多い、うちの文鳥ズ。
リビングが広々として好きそうでも、緊張のあまり胃腸の調子を崩したのかもしれないです><

とにかく。
まずい状態なので、即、28度設定で1時間保温。

1時間たって、少し調子がよくなったようでもあまり回復したとはいえないので、急いで本格的な対処に入りました。
これで治らなければ、すぐにまた病院に連れて行かなければ・・・と、病院の本日の状況も調べながら。

まず・・・
ケージを手早く洗って清潔に。
ペットヒーターとサーモスタットを改めて入れ、そしてツボ巣を久しぶりにセットしました。
そしてケージ内があまり暑すぎないように、透明ゴミ袋を割いたものを、2枚がけでケージ1個にかけて温度はサーモで29度設定に。



一日療養のカゴ。


飲み水には、鳥用乳酸菌剤と、抗菌剤と整腸剤が含まれた鳥用薬。
エサの他に、久しぶりの粟穂と、青菜、青米をたっぷり。

・・・
そしてしばらく様子を見ました。

シードは食べなかったものの、粟穂、青菜と青米は勢いよくぱくつく。
特に固くて大きめの青米を、ずっと根気よく食べている。
食後は薬入りの水もしっかり飲んで、ツボ巣の奥に潜り込む。

久しぶりのツボ巣に、心底安心したように、中でほっこりと眠っていた優希。

夜7時に見た時には、ほとんど元気を取り戻して、シードもいつも通り食べ、勢いよくさえずりました。

いつもの放鳥時間。私は放鳥も水浴びもさせるつもりはなかったのに、他の鳥がカゴから出されると自分も盛大に出して出してアピール。

あげく、これまた派手に水を飛ばして、キッチンシンクで私に皿を持たせて水浴びをしました。

その後念のため、ペットヒーターつきケージに入れて高め温度でしっかり保温しました。

そして現在、油断はできないものの、ほとんど回復してエサもいつも通り食べ、フンも通常のものに戻っています。

ちょっと一安心。


動きも少し活発に。


で、思ったのですが。
保温とエサ、薬が効いたのは確かですが、ツボ巣も効いたのかもしれないです・・・。

うちの文鳥は、代々ツボ巣に慣れています。
発情対策はわかるのですが、やはりツボ巣があると安産しやすいこと、そして病気の時に回復が早い傾向があるので、我が家ではオスメスともツボ巣を入れていました。

しかし、3.11大地震の後。大きな揺れでツボ巣が何度か吹っ飛んだので、しばらくは・・・と思って外していたのでした。

我が家の鳥には初めての、半年以上にわたるツボ巣なし生活。
8歳の優希にとっては、少々疲れが出たのかもしれませんね(;^_^A

やはり体調を崩した時には・・・特に文鳥にはツボ巣は身体が休まって、回復を早めてくれるのかも。

今エサをしっかり食べて満足げにさえずってる優希を見ながら、ひとまずほっとそう思ったりしたのでした。





ランキングに参加しております。久しぶりでドキドキしているそらぴよに、励ましのクリックをどうぞよろしく。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村












トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
613: by FISH on 2011/10/09 at 05:42:50

こんにちは。
優希ちゃん、治って良かった!!!
対処方法などとても参考になりました、ありがとうございます!

614: by マサキチ! on 2011/10/10 at 13:38:24

こんにちは♪
優希ちゃん、大変でしたね!(>_<)
でも、そらぴよさんの適切な処置で良くなってくれて、本当に良かったです(〃^ー^〃)
やはり保温は大事ですね!!
そして、つぼ巣は優希ちゃんのくつろぎスポットだったのですね(*´∇`*)

615:FISHさんへ by そらぴよ on 2011/10/11 at 23:59:35

こんにちは!
治ってほんと、ほっとしました♪
最近は病気になる子が少なくて、少し油断してたみたいです(^^;早めに対処すれば、素人でも何とかなるもんですね^^

616:マサキチさんへ by そらぴよ on 2011/10/12 at 00:02:12

こんにちは!
今はすっかり元通りで、うるさいくらいさえずって動き回っています^^
保温は、家庭でできる唯一の療法だと読んだことがあります(*^-^)ツボ巣は、文鳥はスズメ目科の鳥なので、ほっこりした狭い場所に潜るのが好きなのかもしれないですねo(^-^)o

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。