プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ルピ通信 VOL.30 ~重傷だった自転車事故

ルピさんは、重傷でした。
でも自転車事故の詳しい経緯を、ルピ通信で書いてくれました。

少し長くなるので、前半後半と分けてアップします。

メールで読んでいて・・・すごくリアルすぎて、改めて私も痛く悲しくなりました。



<ルピ通信 前半> written by ルピ


こんばんは(^-^)
ご心配おかけして申し訳ごさいませんm(_ _)m

今回私が経験したこと、詳しく書かせていただきます。
皆さんにも気をつけていただきたいからです。
事故は一瞬です。

私は12月15日朝、母親と、介護をしてる父親の姉のことで真剣に、「このままでは私たちが倒れてしまう…なんとかしなければ」という母親の話を一生懸命聞いてアドバイスしたりしてたのです。

そしたら時間を忘れ、いつも出る時間を過ぎていたのです・・・
母親が、もうこんな時間や!と、私も慌てて出て行ったのです。

慌ててたのでカバンをしっかりカゴに入れず、ハンドルにかけました・・・

会社までは急いで15分・・・遅れるかもと途中会社に電話を入れ、急な坂道を下り出したそのとき・・・カバンが前輪に入り込んだ・・・

私は、振り飛ばされ一回転し、左顔面を強打しました。
みるみる腫れ上がるのがわかりました。
そのとき思ったことは・・・ああ、母親が心配する・・・母親がビックリして倒れるかも・・・

しばらく私が動けずにいると人が集まってきました。
「大丈夫ですか?救急車呼びましょか?」
私はうなずきました。

救急車がくるまで結構かかるんですね
事故が8時50分。救急車到着が9時15分。
救急隊員の中に、警察官もいたみたいです。あとからわかったことですが・・・

顔面強打で腫れ上がってるので、頭が心配ということで色々な質問を受けました。
記憶がちゃんとあるかどうかも。

担架に乗せられ救急車へ・・・
隊員さんが、
「ご家族は?家にいはりますか? 家の番号言ってください」
言ったんですが、私は救急車の中で隊員に、
「私、自分で電話します・・・」って言いました。
なぜって隊員が電話したら、母親は私が電話できないくらい重傷だと思うと心配したからです。

携帯から(これも助けてくれた人が飛んでいった充電池もセットしてくれていたのです)家に電話しました・・・母親が出ました。
「なんやの?どないしたん」
ピーポーピーポーの音で、
「えあんた救急車やの

私は、大丈夫やからって言ったけど、母親は動転していました。
「どこの病院やの」つらかった・・・しかし救急車を呼んでくれた、おそらくタクシーの運転手さん。
救急の方との電話のやりとりで・・・

「えーと、ここは、サンクスがあって・・・出血?あります」
と私の状態を報告してくれてたとき、
「えーと、年齢は・・・うーん・・・50歳くらいの女性です」

えーそ、そんな・・・バカな・・・

実際の年齢を言おうと思いましたが、そんなことは関係ないやと大人しくしてました。
救急車で隊員に「身分証ありますか?」
と言われたので、細い声で
「財布の中に、免許証が・・・」

隊員は、それを見て年齢を計算し、
「あれ?若い?」
と言っておりました・・・



にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。