プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

卵がゴ~ロゴロ

おととい、2セットめの卵を4個産んで、この冬10個めの卵になりました><

今回の騒動では、偽卵を、1セット目最初の卵を産んで1か月後以上たってから取り上げました。
卵を温めるのもかなり気まぐれなペースになってきたし、もう大丈夫かと。
でもそのあと。4~5日でまた2セットめを産み始めたんですね。

こんな頻繁なペースは、うちでは一度もなかったので、かなり焦りました。
軟卵が2セット~~~~っ、、と。

昨日の夜に撮った写真では、偽卵6個に無精卵3個。
1個は飼い主の不注意で(というか柔らかすぎて)割れたので、そのまま。



ツボ巣の中



ツボ巣の底が、まるで敷材のように、卵がご~ろごろしてました。
おまけにその中に、宝物のように持ち込んだカタクチイワシも。

思いっきり羽を広げていて、温めるのも大変そうなので、産んだ卵3個をさっき取りあげました。
現在は偽卵6個。

チェックしたら、今度は殻も硬めそうな、つるんとしたちゃんとした卵で、ほっ。。。


今度は大丈夫な卵



カルシウム対策が効いたのかも??

でも今回、今更ながらに確信したこと!

発情サイクル中でお腹に卵の素があれば、たとえ偽卵を入れっぱなしでもまた産卵するんですね。
そして発情サイクルではなく抱卵中でも、卵を取り上げたなら、その分をまた産み足すのも小鳥。。
産卵防止に、前もって偽卵を入れておくのは、当たり前だけど効果がないらしい

ちゃんと数を数えられるようで、小さくても深い生き物です。。。



にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。