プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
38:そらぴよさんと愛読者様 by ルピ on 2010/07/16 at 12:22:22

こんにちは!ルピです。ララと毎日こうやって遊んでます(^O^)うん、キキを思ってさえずってるのか…と思うときも多々ありますがキキのこと、忘れるわけではなく、乗り越えていきたいです。ララに時々話しかけます。キキはもういないんだよと。キキに向いてた私の目が今はララに向いてます。が、なかなかララも懐いてくれません…そらぴよさんの言う通り、いまさらなんだよーという感じ(泣)でも私は少しでも時間があればララと遊ぶようにしてます。ただ、写メがなかなかうまくとれない!!北川景子なのにい!!

39: by かのえ on 2010/07/16 at 16:10:53 (コメント編集)

うちでも看病してる間は(短かったですが…)
1羽にかかりきりで、長い間お留守番させたり、
ずっと病気の子にかかりきりだったりしました。
病気の子が亡くなった後、しばらく亡骸を見ていたまめさんは泣いてる私の所にやってきて、
それからは家にいる間は離れることなく一緒に居てくれました。
もう1羽が亡くなったことは、何となく判ってた気がします。

今は後から迎えた文鳥とオス同士なのにラブラブな生活をしています(笑)

ゆっくりと悲しみが癒えていくといいですね。

41:Re: タイトルなし by そらぴよ on 2010/07/16 at 23:52:58

こんにちは、かのえさん。
うちの文鳥も他の子の看病中、私が落ち込んでいると敏感に察して、髪や頬をクチバシで撫でてくれたりもします。

文鳥は、人間の感情を一瞬で見抜く力を持っているのではないでしょうか。
その鋭さがあだになって、「死」を理解するのかもしれないし、逆に人間を癒してくれるのかもしれないと思ったりします。

でも鳥飼いの方たちが、こうやってルピさんたちを気遣ってくれるのが、私にとっても救いです。鳥と人間だけでなく、人間と人間もやっぱり癒しあえるのだと思えるから。

優しいコメント、ありがとうございました。
初心者で何をどうしていいかわからない状態ですが、できればこれからもよろしくお願いします。

42:Re: そらぴよさんと愛読者様 by そらぴよ on 2010/07/16 at 23:55:28

こんにちは、ルピさん!
ララ君も、本当はルピさんに懐きたいと思います。文鳥は愛情深い鳥で、鳥でも人間でもパートナーがいないといられない鳥ですから。

でもララ君がいてくれて良かった。少しは悲しさが紛れるでしょう?
ララ君のイケメンアップ写真が見てみたいです(笑)。でもあまり無理はしないで。ララ君に嫌がられたら大変なので。

コメント、ありがとうございました。自分の身体もいたわってあげてくださいね。

43:ララくんがいてよかった by ルピ on 2010/07/17 at 00:07:49

こんばんは。皆さん。キキを心配してくれてありがとうございました。今はララといることが少しでも気休めと言うと変ですが、気は少し紛れます…キキを亡くしてもうすぐ二週間…昨日のことのよう…ララがいてくれてよかった(^-^)
今もそらぴよさんと皆さんに支えられてる私です…
これからもよろしくお願いします(^-^)

45:Re: ララくんがいてよかった by そらぴよ on 2010/07/17 at 00:40:29

こんばんは。

今、本気でびっくりしました。もう2週間もたったの!? 何だか本当に、数日前のことみたいです。
あの時はお互い、どうやってキキちゃんを助けるか無我夢中でしたね・・・。でも必死になって努力したからこそ、こうやってララ君にも堂々と支えられて前を向けるんだと思います。

こちらこそ、これからもどうぞよろしく(*^-^)
ルピさんのような飼い主さんがいてくれて、私も心強いです!

48:かっさんさんへ by ルピ on 2010/07/18 at 00:48:48

こんばんは。私は白文鳥キキを亡くしたルピです。キキは長い闘病があったのでシルバーちゃんとは違うかもしれませんが、文鳥を亡くした悲しみは同じです。前日元気にえさを食べていたということ、最後の力を振り絞ってたのかもしれません。病院に行ってたら助かったかもしれない…確かに思ってしまいますよね…でも鳥は専門分野でなかなか診れる病院が少ないのが現状です。私もキキが亡くなったとき号泣して何が悪かったのかと考えてなりませんでした…。鳥は最後まで一生懸命に生きます。あきらめたりしません。その健気さに心うたれます。シルバーちゃんが家族のもとで最後まで頑張って生きたこと、最後を迎えられたこと。シルバーちゃんにとって一番幸せだったと思うのです。病院で亡くなるほどショックなことはありません…私もキキが亡くなってまだ二週間で完全には立ち直れずいますが、どうか乗り越えて下さい。長文失礼しました。

52: by かっさん on 2010/07/18 at 21:05:59 (コメント編集)

はじめまして

わざわざお返事ありがとうございます

シルバーの闘病生活は1ヶ月くらいだったと思います
それが早いのか遅いのかも初めての経験だったので分かりませんが、病院に連れていかなかった分早かったのかなと思います

もともとシルバーは一年半前に卵管脱を起こし、病院でも手遅れに近いと言われてました
しかし本人の生きる意思は強く、何日も入院し、何回もの手術に耐え、飛べるまで回復しました

だから今回早くにシルバーの病気が発見出来てれば違ったのかなと悔やんでしまうんだと思います


うちにはシルバーをぬかしても10匹文鳥がいます

ですからシルバーは他のコ達の為にいろんな大切なことをオレに教えてくれました

この経験をシルバーのためにも無駄にすることなく、他のコ達を育てて行きたいと思います

まだお互い立ち直るには時間がかかるでしょうが、ルピさんもキキちゃんのためにも早く元気になって下さい

最後になってしまいましたが、キキちゃんのご冥福をお祈りします

53:かっさんさんへ2 by ルピ on 2010/07/18 at 22:46:09

こんばんは。シルバーちゃん、今までにもつらい経験をしてらしたんですね…何度も手術…小さい身体でつらかったでしょう…でも回復したのはシルバーちゃんの飼い主さんがいたから頑張れたんですね。今回病院に行かなかったということですが、家族で話し合った結果そっとしておくというのは、以前に何度も手術に耐えてつらかった分、もうそっとしておいてあげようという配慮もあったのだろうと思います。何が正解で何が間違いなんてありません。私も今まで必死に看病してきたことが正解とは思ってないし、間違いとも思ってない…ただ、一生懸命だったということは間違いないです。シルバーちゃん以外にたくさん文鳥さんがいるようで少しだけ救いを感じます。私も一羽だけララという文鳥がいます。今はララに愛情を注ぐことで気を紛らわせています…お互い早く乗り越えていきたいですね…私は明日キキのお墓に墓標を立てローズマリーを植えようかなと思っています…死んでもやっぱりかわいい…私の我が子キキ
最後にシルバーちゃんのご冥福お祈りいたします。お身体ご自愛してくださいね。くれぐれも身体を壊さないように…

▼このエントリーにコメントを残す

   

亡きキキちゃんの相棒は、北川景子似のオス文鳥 2

ルピさんの足に乗ってご満悦のララ君
飼い主・ルピさんの足で遊びまくる、ララ君。

ララ君は、クールでプライド高き白文鳥。
キキちゃんの看病中は、どうしてもキキちゃん優先だったため、少し拗ねているそうです。

でも飼い主のルピさんが遊ぼうと誘うと、気乗りしないそぶりで、そのくせピョン!と飛んできます。
足の上でチョコチョコ動き回るララ君。

私はルピさんがどれだけ悲しんだか、実際に間近に感じてきました。
ララ君がルピさんの悲しみを癒してくれたら、そしてルピさんがこれからも、幸せに文鳥との生活を楽しめたらいいなぁ。

また私を含め、すべての鳥飼いさんたちも。
大切な愛鳥を亡くしたあの言葉にできない悲しみを、ただ一人で乗り越えるより、小鳥と周りの人たちと癒し助け合うことができたら幸せですね・・・。
互いに気遣いあい、そして小鳥が人と人をつなぐ架け橋になれたら・・・そう心から願っています。

なお前の記事のタイトルが、慣れない私の不手際で一部、表示されないところもあったようです。
写真を送ってくださったルピさんにお詫びします。
一部で「無題」とあった記事は、この記事と同名。いわばシリーズⅠ、です。


シーズーのプーちゃん

これもキキちゃん必死の闘病中は、あまり構ってもらえなかった、シーズーのプーちゃん。

ララ君と仲良しです。
今はたくさん甘えてね。



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
38:そらぴよさんと愛読者様 by ルピ on 2010/07/16 at 12:22:22

こんにちは!ルピです。ララと毎日こうやって遊んでます(^O^)うん、キキを思ってさえずってるのか…と思うときも多々ありますがキキのこと、忘れるわけではなく、乗り越えていきたいです。ララに時々話しかけます。キキはもういないんだよと。キキに向いてた私の目が今はララに向いてます。が、なかなかララも懐いてくれません…そらぴよさんの言う通り、いまさらなんだよーという感じ(泣)でも私は少しでも時間があればララと遊ぶようにしてます。ただ、写メがなかなかうまくとれない!!北川景子なのにい!!

39: by かのえ on 2010/07/16 at 16:10:53 (コメント編集)

うちでも看病してる間は(短かったですが…)
1羽にかかりきりで、長い間お留守番させたり、
ずっと病気の子にかかりきりだったりしました。
病気の子が亡くなった後、しばらく亡骸を見ていたまめさんは泣いてる私の所にやってきて、
それからは家にいる間は離れることなく一緒に居てくれました。
もう1羽が亡くなったことは、何となく判ってた気がします。

今は後から迎えた文鳥とオス同士なのにラブラブな生活をしています(笑)

ゆっくりと悲しみが癒えていくといいですね。

41:Re: タイトルなし by そらぴよ on 2010/07/16 at 23:52:58

こんにちは、かのえさん。
うちの文鳥も他の子の看病中、私が落ち込んでいると敏感に察して、髪や頬をクチバシで撫でてくれたりもします。

文鳥は、人間の感情を一瞬で見抜く力を持っているのではないでしょうか。
その鋭さがあだになって、「死」を理解するのかもしれないし、逆に人間を癒してくれるのかもしれないと思ったりします。

でも鳥飼いの方たちが、こうやってルピさんたちを気遣ってくれるのが、私にとっても救いです。鳥と人間だけでなく、人間と人間もやっぱり癒しあえるのだと思えるから。

優しいコメント、ありがとうございました。
初心者で何をどうしていいかわからない状態ですが、できればこれからもよろしくお願いします。

42:Re: そらぴよさんと愛読者様 by そらぴよ on 2010/07/16 at 23:55:28

こんにちは、ルピさん!
ララ君も、本当はルピさんに懐きたいと思います。文鳥は愛情深い鳥で、鳥でも人間でもパートナーがいないといられない鳥ですから。

でもララ君がいてくれて良かった。少しは悲しさが紛れるでしょう?
ララ君のイケメンアップ写真が見てみたいです(笑)。でもあまり無理はしないで。ララ君に嫌がられたら大変なので。

コメント、ありがとうございました。自分の身体もいたわってあげてくださいね。

43:ララくんがいてよかった by ルピ on 2010/07/17 at 00:07:49

こんばんは。皆さん。キキを心配してくれてありがとうございました。今はララといることが少しでも気休めと言うと変ですが、気は少し紛れます…キキを亡くしてもうすぐ二週間…昨日のことのよう…ララがいてくれてよかった(^-^)
今もそらぴよさんと皆さんに支えられてる私です…
これからもよろしくお願いします(^-^)

45:Re: ララくんがいてよかった by そらぴよ on 2010/07/17 at 00:40:29

こんばんは。

今、本気でびっくりしました。もう2週間もたったの!? 何だか本当に、数日前のことみたいです。
あの時はお互い、どうやってキキちゃんを助けるか無我夢中でしたね・・・。でも必死になって努力したからこそ、こうやってララ君にも堂々と支えられて前を向けるんだと思います。

こちらこそ、これからもどうぞよろしく(*^-^)
ルピさんのような飼い主さんがいてくれて、私も心強いです!

48:かっさんさんへ by ルピ on 2010/07/18 at 00:48:48

こんばんは。私は白文鳥キキを亡くしたルピです。キキは長い闘病があったのでシルバーちゃんとは違うかもしれませんが、文鳥を亡くした悲しみは同じです。前日元気にえさを食べていたということ、最後の力を振り絞ってたのかもしれません。病院に行ってたら助かったかもしれない…確かに思ってしまいますよね…でも鳥は専門分野でなかなか診れる病院が少ないのが現状です。私もキキが亡くなったとき号泣して何が悪かったのかと考えてなりませんでした…。鳥は最後まで一生懸命に生きます。あきらめたりしません。その健気さに心うたれます。シルバーちゃんが家族のもとで最後まで頑張って生きたこと、最後を迎えられたこと。シルバーちゃんにとって一番幸せだったと思うのです。病院で亡くなるほどショックなことはありません…私もキキが亡くなってまだ二週間で完全には立ち直れずいますが、どうか乗り越えて下さい。長文失礼しました。

52: by かっさん on 2010/07/18 at 21:05:59 (コメント編集)

はじめまして

わざわざお返事ありがとうございます

シルバーの闘病生活は1ヶ月くらいだったと思います
それが早いのか遅いのかも初めての経験だったので分かりませんが、病院に連れていかなかった分早かったのかなと思います

もともとシルバーは一年半前に卵管脱を起こし、病院でも手遅れに近いと言われてました
しかし本人の生きる意思は強く、何日も入院し、何回もの手術に耐え、飛べるまで回復しました

だから今回早くにシルバーの病気が発見出来てれば違ったのかなと悔やんでしまうんだと思います


うちにはシルバーをぬかしても10匹文鳥がいます

ですからシルバーは他のコ達の為にいろんな大切なことをオレに教えてくれました

この経験をシルバーのためにも無駄にすることなく、他のコ達を育てて行きたいと思います

まだお互い立ち直るには時間がかかるでしょうが、ルピさんもキキちゃんのためにも早く元気になって下さい

最後になってしまいましたが、キキちゃんのご冥福をお祈りします

53:かっさんさんへ2 by ルピ on 2010/07/18 at 22:46:09

こんばんは。シルバーちゃん、今までにもつらい経験をしてらしたんですね…何度も手術…小さい身体でつらかったでしょう…でも回復したのはシルバーちゃんの飼い主さんがいたから頑張れたんですね。今回病院に行かなかったということですが、家族で話し合った結果そっとしておくというのは、以前に何度も手術に耐えてつらかった分、もうそっとしておいてあげようという配慮もあったのだろうと思います。何が正解で何が間違いなんてありません。私も今まで必死に看病してきたことが正解とは思ってないし、間違いとも思ってない…ただ、一生懸命だったということは間違いないです。シルバーちゃん以外にたくさん文鳥さんがいるようで少しだけ救いを感じます。私も一羽だけララという文鳥がいます。今はララに愛情を注ぐことで気を紛らわせています…お互い早く乗り越えていきたいですね…私は明日キキのお墓に墓標を立てローズマリーを植えようかなと思っています…死んでもやっぱりかわいい…私の我が子キキ
最後にシルバーちゃんのご冥福お祈りいたします。お身体ご自愛してくださいね。くれぐれも身体を壊さないように…

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。