プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ツボ巣の好みにもうるさいよ!

キッチンペーパーだけじゃなくて、ツボ巣にも好みがあるうちの文鳥たち。

普通によく売っているエクセルのツボ巣では怖がって近づきもしない。

スタンダードなカワイのツボ巣でも、おどおどおどおど。。。。
近づいたとしても、入口の丸い突き出したヘリや編み上げた隙間に、次々と指をひっかける始末!


カワイのツボ巣の正面


カワイのツボ巣の横面


伸びた爪ではなくて、足の指そのものだから始末に負えません><



うちの文鳥たちお気に入りのツボ巣は、従来式のツボ巣・・・
今は「国産ツボ巣」とあるタイプの、白い糸で編んだ少し繊細なイメージのあるツボ巣です。


国産ツボ巣正面

国産ツボ巣横面


この白い糸には爪をひっかけたことがないのに、編んだワラにはみんなひっかかるのは何でだろう(^^;

ちなみにうちでは。
オスの老鳥だけにツボ巣を使っています。
メスには使わず、仮に卵を産んでしまった場合に入れるだけ。
もっぱら体力回復&看護用。

それでも万が一のときに使えるように、中ヒナのときには一時期ツボ巣を入れて慣れさせておきます。

メスたちの普段は手が届かない、この憧れのツボ巣・・・
難点は、普通にペットショップや小鳥店では売っていないこと。
通販で買っていますが、物が少額なのに送料が高いのが悩みの種。

でも古くなってきたし、新品をだしてあげようかな。




よければぽちっ、をお願いします♪
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。