プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1065:態度が急変します by 陽一郎 on 2016/07/08 at 07:32:40

同じ日に兄弟のように仲の良かった雛2羽を育てて生後2カ月過ぎたころ1羽が突然急死してしまい、今まで2羽で一緒に肩に乗って遊んできたのに急に放心のように静かになってしまいました。今までは一緒になって出して~♪と叫び放鳥を求めて来たのを一切せず、名前を呼ぶと反応はしますが自分からは出たがらず、なんだかかわいそうになってきます。

1066: by そらぴよ on 2016/07/10 at 13:14:00

こんにちは!
コメントありがとうございます。

更新記事に書いた通り、管理人承認待ち状態になっていて申し訳ない><。。

その文鳥さんたちの状態、すごくわかります。。。

菜生人はショックで足の状態が悪化したし、以前には仲がよい鳥でなくても、亡くなった瞬間を見たら翌日ショック死していた子もいました。。

ここ最近痛感するんですが、
すごく人に懐いている文鳥でも、文鳥同士のつながりと安心感はまた「別腹」なのではと。

人間が留守にしているときでも、鳥が複数いると、たとえ仲が悪い同士でも安心しているみたいです。

もし、、ですが。
可能ならば、新しい子をお迎えしてはいかがでしょう?
仲がよくならなくても、隣のケージにいるだけでも元気になるのではと思ったりします(^-^*)

▼このエントリーにコメントを残す

   

鳥は仲間の死を理解できるか? 

優希に我が家製のお花を



鳥は仲間の死を「死」として認識できるか?

毎回、文鳥が亡くなるたびに考えてきた。

私の答えは・・・yes。

飼っていた文鳥たちは、一見態度に出さなくても、仲間の遺体を見ると「死」を感じたようだった。

今回は特に菜生人。
大の仲良しで、甘やかし放題に優しくしてくれた優希だったから、一目だけ最後のさよならを・・・とほんの一瞬、遺体に会わせてしまったのが失敗だったのかもしれない。

その時の菜生人の様子が忘れられない。
目をカッと見開き、表情の出るはずのない鳥の顔に凄まじい衝撃を浮かべていた。
そして優希が重症になったころに少し痛めたらしい足が、突然悪化してしまったのだ。

うちで以前にも、仲良しでもなんでもない仲間鳥の死を見て、翌日に急死してしまった文鳥がいる。
遺体を見たときにはけろけろっとしていたし、他の鳥たちは何でもなかったので急死するような環境はなかったはずだ。体調的にも若くて万全だったのにかかわらず。

仲間が闘病しているときには、どんなに大変でバタバタしていても、そういうショックを受けた文鳥はいなかった。
亡くなったときにだけ、異様なショックを受けるようなのだ。

亡くなった仲間は、もう自分とは異質の世界に旅立ってしまい、目の前の遺体が仲間なのか異質な物体なのかわからなくて混乱しているようでもある。

つまり、仲間の「死」を・・・亡くなったらもう元には戻れないということを、その抽象性を、鳥なりにはっきり理解しているのだろうと個人的には感じている。

たぶん、エサ取りに必死にならなくても済む飼い鳥だけの現象かもしれないし、鳥によって違うのかもしれないけれど。

もっとも連の影響は逆に出たような・・・のびのびしていきなり太ったという><

みなさんはどう思われますか?





よろしければ、ぽちっ↓と応援して頂けると、励みになります。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村







トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1065:態度が急変します by 陽一郎 on 2016/07/08 at 07:32:40

同じ日に兄弟のように仲の良かった雛2羽を育てて生後2カ月過ぎたころ1羽が突然急死してしまい、今まで2羽で一緒に肩に乗って遊んできたのに急に放心のように静かになってしまいました。今までは一緒になって出して~♪と叫び放鳥を求めて来たのを一切せず、名前を呼ぶと反応はしますが自分からは出たがらず、なんだかかわいそうになってきます。

1066: by そらぴよ on 2016/07/10 at 13:14:00

こんにちは!
コメントありがとうございます。

更新記事に書いた通り、管理人承認待ち状態になっていて申し訳ない><。。

その文鳥さんたちの状態、すごくわかります。。。

菜生人はショックで足の状態が悪化したし、以前には仲がよい鳥でなくても、亡くなった瞬間を見たら翌日ショック死していた子もいました。。

ここ最近痛感するんですが、
すごく人に懐いている文鳥でも、文鳥同士のつながりと安心感はまた「別腹」なのではと。

人間が留守にしているときでも、鳥が複数いると、たとえ仲が悪い同士でも安心しているみたいです。

もし、、ですが。
可能ならば、新しい子をお迎えしてはいかがでしょう?
仲がよくならなくても、隣のケージにいるだけでも元気になるのではと思ったりします(^-^*)

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。