プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
57:キキちゃんやすらかに… by えま~ゆ on 2010/07/20 at 23:50:44

すてきなお墓が完成しましたね。
キキちゃんはずっとルピさんの肩の上で見守ってくれてるんだよ。「ありがとう」って言ってるんだよ。

ルピさんのお話を読んで、お星様になってしまった文鳥のことを思い出してしまいました。
今でこそ言えますが、常に私の肩の上に乗っていていつもいっしょにいたブンちゃんをある日不注意で踏んでしまったのです。一瞬の出来事でブンちゃんがいなくなってしまったのです。2か月間は泣き続けました。一年間はペットロス症候群から抜け出せませんでした。2年間は入っていた鳥カゴを見ることができませんでした。今でもお墓をみると辛くて泣けてきます。
でも、私の肩の上でいつも一緒にいてくれてるって今になってやっと思えるようになったのです。
小さな命でもこんなに大きなものだと気付かされました。

ルピさんもお世話されていた分、悲しみも大きいと思います。
いつまでもキキちゃんの思い出を大切にして下さいね。ステキなお話ありがとうございました(涙涙)

58:えまーゆさんへ by ルビ on 2010/07/21 at 08:02:08

おはようございます。えまーゆさん。コメントありがとうございます。えまーゆさんもつらい体験されたんですね…私も色々思い出しては…涙…今はキキの羽毛を一枚、ペンダントに入れてつけています。つらいとき悲しいときに、乗り越えられるようにお守りとして…えまーゆさんは今も文鳥ちゃんは飼ってますか?キキが死んだとき…夜中の一時前だったんですが号泣号泣で睡眠薬飲んでも寝れず、そらぴよさんにメールで夜中3時まで付き合ってもらい、そらぴよさんにはずっと支えられてました…。あの時…ああ思い出す…(涙)早く乗り越えたいな…

59:ルピさんへ by えま~ゆ on 2010/07/21 at 22:58:03

月日が乗り越えさせてくれると思います。
新しい子をお迎えしてその子と楽しい時を過ごすのもいい方法だと思います。
泣いてるとキキちゃんも悲しむよ…って私もそういうふうに慰められました。

今はオカメの女の子と桜文鳥3羽と過ごしてます。
この子たちもいつかはお別れする時が来るのだろうけど、乗り越えていけるように今を楽しく一緒に過ごすようにしています。

そらぴよさんという理解あるお友達(?)がいることもとっても幸せなことだと思います。
キキちゃんのためにも楽しく過ごして下さいね。

60:えまーゆさんへ by ルピ on 2010/07/21 at 23:17:37

こんばんは(^-^)オカメちゃんか(^-^)かわいいだろなあ…あの頬紅がなんともかわいい(≧▼≦)桜文鳥もかわいいよね(≧▼≦)うちは白文鳥だけどずっと前に桜文鳥飼ったことある(^-^)月日が乗り越えさせてくれる…そうだよね…時間だよね…時間しかないんだよね…今は残されたララに愛情をたっぷり注ぐも、結構無視られてる私です(泣)キキが悲しむかあ…キキに悲しんでほしくないな…前向きになれるように…今は月日がたつのを待つばかり…かな。私はオカメちゃんの匂いが大好き(≧▼≦)あの香ばしい?匂いが(≧▼≦)たまらない(≧▼≦)基本的に私は鳥の匂いが大好きでもララは匂わせてくれないんだ(*_*)

61:Re: キキちゃんやすらかに… by そらぴよ on 2010/07/21 at 23:28:22

えまーゆ さんへ

辛い記憶を思い出してまで、ルピさんを慰めてくださって本当にありがとうございます。
そのときの光景、えまーゆさんの気持ちがくっきり伝わってくるようで、とても心が痛くなります。
私も特にお気に入りの子を、うちでは短い命で亡くしてしまった時・・・自分を責めて抜けられませんでした。その子が好きだったJ-POPの女性歌手の歌が流れてくるたび、涙がこぼれたりして(笑)。生まれつきの肝臓障害の子でしたが、もっと最高の治療を受けさせれば何とかなったのかと考えたり、いつまでも堂々巡りをしていました。

でもその子は最後まで私を慕ってくれて、幸せでいてくれたと思います。
またえまーゆさんの文鳥さんも、えまーゆさんが大好きで、それは亡くなる瞬間も天国でも同じだと思います。
きっと苦しいのは人間の側・・・だからこそ、おなじ文鳥飼い同士、少しでも助け合えたら素敵ですね。

62:Re: えまーゆさんへ by そらぴよ on 2010/07/21 at 23:38:55

ルピさんへ

えまーゆさんのコメント、とてもありがたかったですよね。
鳥飼い同士、これからもブログタイトル通り、「文鳥と小鳥」のために楽しんで助け合っていけたらと思います^^
キキちゃんはきっと、悲しんではいないと私は思います。ルピさんが自分なりに頑張っていることは伝わっているし、毎日毎日、ルピさんが光の方向に向かっていることもキキちゃんだからこそ分かってくれていると思います。
これからも、ララ君を可愛がって文鳥の匂いをかがせてもらってください(笑)。何とも言えない、癖になるいい匂いですから♪  

▼このエントリーにコメントを残す

   

ルピより・・・キキと皆さまへ

キキちゃんのお墓 正面から
やっと完成したキキちゃんのお墓です。後ろに植えてある丸い輪はローズマリー・・永遠や記憶を花ことばに持つハーブ。鳥の置物の代わりの丸い石。手描きのネームプレート。少しでも寂しくないようにと、ミッキーのピック。


ルピさんから、手記が届きました。キキちゃんと、応援してくれた皆さまのために、と。
書きながら改めて涙がこぼれてきたそうです。
以下、ルピさんの原文です。


『改めてキキと出会って』  ルピ


私が初めてキキに出会ったのは、2007年の10月。

羽根がまだまだ生え揃わない小さい小さい身体…毎日差し餌を母親と二人三脚で育てた…ララより一回りキキは大きかったな。そしてララより強かった。キキがララを引っ張ってたな。

一年がたち、その頃キキに異変が現れた。
それまでは今のララに劣らないどころかララよりも綺麗だった…嘴が変形しオレンジ色に…それからキキの闘病が始まった。

病院通いが続き薬を変えて変えて…やっと効く薬が見つかり段々良くなった。
それから嘴は変形して頭はハゲてるものの見た目はほんとに元気そのもの。
出血さえなければ…キキはえさ箱の下に入ってえさ箱を押し上げるのが大好きで押し上げては「ガッチャーン」と大きな音をたててたなあ…。

そんな日が半年ほど続き再び嘴が悪化してきた…
腫瘍というのか、かさぶたが邪魔して鼻で呼吸することができなくなっていた…キキは常に抗生物質を飲んでいて薬漬けだった…。
病院に行ったけど、今回は薬が効かずレーザーで焼き切ると言われ断念してセカンドオピニオン。サードオピニオン。フォースオピニオンまで行った…
3ヶ月間、キキは頑張った…日に日に衰弱するのは目に見えてわかった…少しずつ少しずつ…大量出血も何度も何度も…えさも段々自分では食べれなくなって…私の力を借りないと食べれなくなった。

でもそれまでキキは一生懸命自分で食べようと必死だった…生きようと必死だったから、できうる限りキキに尽くそうと思った。
二時間置きのフォーミュラ…私か母が常に在宅していた。
今思えば本当に大変だったけど当時は私も必死だったから大変などと思う暇がなかった。
仕事に行ってる間、心配で何度も何度も母親にメールした…「フォーミュラ飲ませた?キキは大丈夫?」

フォースオピニオンの病院に通って二回目。エリザベスカラーではなく、両脚を縛るという治療になった…。
出血を防ぐため…でもやはり脚は鳥の命…不自由になってからの衰弱は激しかった…口呼吸がさらに苦しくなっていた。
そのうが空気でパンパンに膨らんでたんだ。苦しくて空気をたくさん食べていた…
今思い出すだけで涙が出る…翌日キキは動くこともできなかった…フォーミュラもそのうがパンパンのため飲むのも難しかった…

7月5日未明。キキが気になり私の部屋に連れてきてマス箱の中をのぞくとキキが息をしていない…ビックリして開けたら息を引き取ったあとだった…
号泣して涙が止まらず「キキ!キキ!」と呼び続けた。私は信じたくなかった…嘘でしょ? こんなに頑張ったのに?
翌日も会社で涙が止まらなかったな…二歳と約9ヶ月…短い人生ならぬ鳥生だった…

キキから教わったこと。
それは、勇気と強さ。キキの死に比べたら他のことなんてどうにかなる!!そう思えたんです。
キキの命…我が命。
キキのことは忘れない…今は庭にひっそりと眠っているけれど命の大切さは身に染みて感じた…
「キキ…今までつらかった、しんどかったけど、よく頑張ったね」って褒めてやりたい…こうやって思い出してるとまた涙が出るんだね…強さをもらったのになんでだろうな…。


キキちゃんのお墓 上方から







にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
57:キキちゃんやすらかに… by えま~ゆ on 2010/07/20 at 23:50:44

すてきなお墓が完成しましたね。
キキちゃんはずっとルピさんの肩の上で見守ってくれてるんだよ。「ありがとう」って言ってるんだよ。

ルピさんのお話を読んで、お星様になってしまった文鳥のことを思い出してしまいました。
今でこそ言えますが、常に私の肩の上に乗っていていつもいっしょにいたブンちゃんをある日不注意で踏んでしまったのです。一瞬の出来事でブンちゃんがいなくなってしまったのです。2か月間は泣き続けました。一年間はペットロス症候群から抜け出せませんでした。2年間は入っていた鳥カゴを見ることができませんでした。今でもお墓をみると辛くて泣けてきます。
でも、私の肩の上でいつも一緒にいてくれてるって今になってやっと思えるようになったのです。
小さな命でもこんなに大きなものだと気付かされました。

ルピさんもお世話されていた分、悲しみも大きいと思います。
いつまでもキキちゃんの思い出を大切にして下さいね。ステキなお話ありがとうございました(涙涙)

58:えまーゆさんへ by ルビ on 2010/07/21 at 08:02:08

おはようございます。えまーゆさん。コメントありがとうございます。えまーゆさんもつらい体験されたんですね…私も色々思い出しては…涙…今はキキの羽毛を一枚、ペンダントに入れてつけています。つらいとき悲しいときに、乗り越えられるようにお守りとして…えまーゆさんは今も文鳥ちゃんは飼ってますか?キキが死んだとき…夜中の一時前だったんですが号泣号泣で睡眠薬飲んでも寝れず、そらぴよさんにメールで夜中3時まで付き合ってもらい、そらぴよさんにはずっと支えられてました…。あの時…ああ思い出す…(涙)早く乗り越えたいな…

59:ルピさんへ by えま~ゆ on 2010/07/21 at 22:58:03

月日が乗り越えさせてくれると思います。
新しい子をお迎えしてその子と楽しい時を過ごすのもいい方法だと思います。
泣いてるとキキちゃんも悲しむよ…って私もそういうふうに慰められました。

今はオカメの女の子と桜文鳥3羽と過ごしてます。
この子たちもいつかはお別れする時が来るのだろうけど、乗り越えていけるように今を楽しく一緒に過ごすようにしています。

そらぴよさんという理解あるお友達(?)がいることもとっても幸せなことだと思います。
キキちゃんのためにも楽しく過ごして下さいね。

60:えまーゆさんへ by ルピ on 2010/07/21 at 23:17:37

こんばんは(^-^)オカメちゃんか(^-^)かわいいだろなあ…あの頬紅がなんともかわいい(≧▼≦)桜文鳥もかわいいよね(≧▼≦)うちは白文鳥だけどずっと前に桜文鳥飼ったことある(^-^)月日が乗り越えさせてくれる…そうだよね…時間だよね…時間しかないんだよね…今は残されたララに愛情をたっぷり注ぐも、結構無視られてる私です(泣)キキが悲しむかあ…キキに悲しんでほしくないな…前向きになれるように…今は月日がたつのを待つばかり…かな。私はオカメちゃんの匂いが大好き(≧▼≦)あの香ばしい?匂いが(≧▼≦)たまらない(≧▼≦)基本的に私は鳥の匂いが大好きでもララは匂わせてくれないんだ(*_*)

61:Re: キキちゃんやすらかに… by そらぴよ on 2010/07/21 at 23:28:22

えまーゆ さんへ

辛い記憶を思い出してまで、ルピさんを慰めてくださって本当にありがとうございます。
そのときの光景、えまーゆさんの気持ちがくっきり伝わってくるようで、とても心が痛くなります。
私も特にお気に入りの子を、うちでは短い命で亡くしてしまった時・・・自分を責めて抜けられませんでした。その子が好きだったJ-POPの女性歌手の歌が流れてくるたび、涙がこぼれたりして(笑)。生まれつきの肝臓障害の子でしたが、もっと最高の治療を受けさせれば何とかなったのかと考えたり、いつまでも堂々巡りをしていました。

でもその子は最後まで私を慕ってくれて、幸せでいてくれたと思います。
またえまーゆさんの文鳥さんも、えまーゆさんが大好きで、それは亡くなる瞬間も天国でも同じだと思います。
きっと苦しいのは人間の側・・・だからこそ、おなじ文鳥飼い同士、少しでも助け合えたら素敵ですね。

62:Re: えまーゆさんへ by そらぴよ on 2010/07/21 at 23:38:55

ルピさんへ

えまーゆさんのコメント、とてもありがたかったですよね。
鳥飼い同士、これからもブログタイトル通り、「文鳥と小鳥」のために楽しんで助け合っていけたらと思います^^
キキちゃんはきっと、悲しんではいないと私は思います。ルピさんが自分なりに頑張っていることは伝わっているし、毎日毎日、ルピさんが光の方向に向かっていることもキキちゃんだからこそ分かってくれていると思います。
これからも、ララ君を可愛がって文鳥の匂いをかがせてもらってください(笑)。何とも言えない、癖になるいい匂いですから♪  

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。