プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

育て親何杯分、差し餌を食べる?

そろそろエサを一粒二粒、ついばみ始めた我が家のヒナ。


遊ぶヒナ



差し餌は人によってやり方が違ったりしますよね。
いつも雛育てをしながら思うのは、よそのヒナちゃんは何を食べているのだろう?どのくらい食べているだろう?ということ。

うちの差し餌は基本的に以下の通り・・・

・アワタマ
・パウダーフード(ラウディブッシュのオリジナルフォーミュラー)
・青菜を擦ったもの(冷凍してあるものを解凍して)
・ボレー粉を擦ったもの


差し餌内容


時間がないときは、アワタマ+パウダーフードにすることもありますが。

これを1日4回・・・またはソノウの状態を見て3回+半回分くらい、

育て親1~1.5センチくらいに詰めて、1食あたり18杯程度を、ヒナの鳴き声が完全に収まる手前くらいまで食べさせます。


育て親1回分にこれくらい


満腹にしないのは、パウダーフードを混ぜるようになってから。
消化が少し遅いので(タンパク質の含有量が多めだから?)、念のため食滞予防のつもりです。

それにしても気のせいかパウダーフードのためか、ヒナの体格がよくなったなあ・・・。

今回のヒナ、最初の体重は起床後の食前に20グラム・食後22グラムだったのが、今や食前22グラム、食後24グラムに。
手に抱くとずっしり重い。
羽も締まって艶があるし、大きさは大人とほぼもう同じくらい。
差し餌の後は決まって2グラム増えています。
この2グラムは、<スポイト1センチ×18杯のエサ>分なんですね。

餌をねだる甘え声はまだ変わらないけれど、ある日突然差し餌卒業になりそうです。




にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。