プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
67:ふむふむ by えま~ゆ on 2010/07/25 at 09:11:52

こんちは!
もしかしてやっぱりまわし者?(笑)
いろいろ研究されていてすごいです!感心~

普通に売っているものは安心と思ってエサを与えていた自分…反省です。。。

EXCELの「葉緑素」ってけっこう派手な緑色しているのですが、鳥たちが喜んで食べるので与えているのですが、やばいでしょうか?
この前キクスイに注文して購入したグリーンフードは食べてくれませんの~
それオンリーにしたらいつか食べてくれるかな?

68:Re: ふむふむ by そらぴよ on 2010/07/25 at 16:21:12

こんにちはv-521

結局またまた、宣伝になってしまった 笑。

excelじゃなくて・・・と思ったら、やっぱりNPFのグリーンミックスでした。つまりあれです(小声)。甘い匂いで鳥も好きだけど、やめたほうがいいかも。

でもシードに関してはホームセンターやスーパーのエサを避けて、信頼できるペットショップや小鳥店、メーカーから殻つきシードを買えば大丈夫ですよ。私はいつもは売上貢献の意味も兼ねて、小鳥店から買っています。でも青米と気に入るボレー粉がないので、それをネット通販店で補ったりして・・・キクスイさんとか(笑)。

キクスイさんのグリーンフードはどうかな~。
ペレットの形は、慣れない鳥には受け入れにくい時もあるかもです。
入れておけば誰かは食べてくれると思いますが・・・オカメちゃんかはどうかな?

69:こんばんは by ルピ on 2010/07/25 at 19:38:11

グリーンフード…葉緑素…私は、メーカー忘れてしまったけど、小松菜っていう緑色の粉末を何回か買って闘病してるときのキキのえさに入れてたけど病院の先生には、怒られちゃいました色のついたものは、やったらいかんって着色料が入ってるのかなあ…小松菜って名前だし結構高かったから小松菜100パーセントだと思ったんだけどなあ…甘かったか

70:Re: こんばんは by そらぴよ on 2010/07/25 at 20:13:15

「小松菜粉」は、小松菜100%とあるので着色料は使っていないと思います。差し餌を作るのに小松菜を擦るとわかるけど、少しの量で濃い緑色になります。病院の先生は念のためということと、新鮮な青菜は加工食品にはない栄養素が生きていて、それが免疫力を高めてくれるのでそう言われたのではないでしょうか?

ところであの小松菜粉、けっこう高いですよね・・・。パセリのように葉が薄いものならレンジでカリカリに乾燥させて、それを粉にして保存できます。小松菜ではどうかな・・・やってみたことはないですが、可能だと思います。水分を含まない青菜成分が必要な時、私も試してみようかな・・・(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す

   

長生きさせる!? 鳥ごはん

餌を食べている、ヒナ換羽中のナオ。
ヒナ換羽中のときのナオト。キャリーで遊びながらごはん中。

着色料を使ったエサ・合成されたエサは、小鳥の健康を害することがあります。

たとえば「グリーン××××」。
青菜の代わりになると謳われているペレット。
私が子供のころ、それを多量に食べた文鳥が肝臓に異常を起こしかけたことがありました。

着色剤や合成のエサは、小鳥の肝臓や内臓にダメージを与えます。
小鳥にはできるだけ自然の食材を与えるのがいいと思っています。

で、うちの鳥ご飯は・・・

殻つき配合エサ(アワ・ヒエ・キビ・カナリーシードの4種混合)・・・ムキエやペレットなどの混じらない、100%の殻つきシード。
 
青菜・・・小松菜&チンゲンサイ&マメ苗。その他ニンジン・カボチャ、枝豆なども。

白ボレー粉

青米少々

おやつに粟穂

・・・これだけ。

ビタミン剤もペレットも、うちでは一切、与えていません。

そのかわり、ミックスシードは必ず殻つきの新鮮なものを
剥き餌は「死に餌」・・・芽吹く力もない、栄養分をすっかり取り去った残りのカス部分だからです。

また殻をむいて食べるのは、小鳥の大きな楽しみの一つだし、実際生き生きと美味しそうに食べます。クチバシの運動にもなります。
さらに餌が古いと中の脂肪分が酸化して、それが小鳥の身体に害を与えかねないので「殻つきエサのみ100%の新鮮なもの」・・・を重視しています。

鳥用サプリメント。ビタミン剤。ペレット。

ペットショップやネット通販店でも様々なものが売っています。
でもビタミン剤を取りすぎると、脂溶性のビタミンAが肝臓に蓄積されるのが心配。
人間でもサプリメントカロチンの取りすぎは、ガン発生を促すとされています。

またペレットには原料を何を使っているかわからない・・・工場でのペレット生産を見て、愕然としたという話も聞きました。成分中の脂肪分も、酸化するのが心配です。

そういうわけで、うちでは基本のシンプルシード鳥ごはん
多少メタボ気味の時は、カナリーシードを抜けばOK。

因みにエサは、信頼できるメーカーのものか、専門小鳥店のもの。エサ専門の有名ネット通販店などから購入しています。
ネット通販店ではキクスイさんや、楽天内のCapさんが有名。

http://www.kikusui-jp.com/
http://www.rakuten.co.jp/cap/

Capさんでは無農薬国産シードも扱っています。
ただし農薬はどの国でもたいてい、雑穀の生産自体には使いません。農薬なしでも育つのだから、わざわざお金をかけて農薬散布はしないそうです。

もし薬剤の心配があるとしたら・・・輸入品のポストハーベスト問題であり、そうなると遠距離を輸送されるアメリカやオーストラリア産の方が、中国産より心配との報告があります。
さらに万一、中国からの鳥エサ輸入がストップしたら、全国の小鳥が一気に餌を食べられなくなる・・・という、ショッキングな意見も。

なので私は今のところ、1つ1つ安全性を確かめながらも、中国産のエサも与えています。

幸いうちでは、他の要因もあるでしょうが後天的に大きな病気をした鳥はいませんでした。

丈夫なはずの文鳥に、最近は全国的に大病が増えているのですが。

この餌の問題とも何か関係があるのでは・・・と、現在、分析&考え中です。



長生きの小鳥を増やすための励ましに、ぽちっ、とどうぞ♪
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
67:ふむふむ by えま~ゆ on 2010/07/25 at 09:11:52

こんちは!
もしかしてやっぱりまわし者?(笑)
いろいろ研究されていてすごいです!感心~

普通に売っているものは安心と思ってエサを与えていた自分…反省です。。。

EXCELの「葉緑素」ってけっこう派手な緑色しているのですが、鳥たちが喜んで食べるので与えているのですが、やばいでしょうか?
この前キクスイに注文して購入したグリーンフードは食べてくれませんの~
それオンリーにしたらいつか食べてくれるかな?

68:Re: ふむふむ by そらぴよ on 2010/07/25 at 16:21:12

こんにちはv-521

結局またまた、宣伝になってしまった 笑。

excelじゃなくて・・・と思ったら、やっぱりNPFのグリーンミックスでした。つまりあれです(小声)。甘い匂いで鳥も好きだけど、やめたほうがいいかも。

でもシードに関してはホームセンターやスーパーのエサを避けて、信頼できるペットショップや小鳥店、メーカーから殻つきシードを買えば大丈夫ですよ。私はいつもは売上貢献の意味も兼ねて、小鳥店から買っています。でも青米と気に入るボレー粉がないので、それをネット通販店で補ったりして・・・キクスイさんとか(笑)。

キクスイさんのグリーンフードはどうかな~。
ペレットの形は、慣れない鳥には受け入れにくい時もあるかもです。
入れておけば誰かは食べてくれると思いますが・・・オカメちゃんかはどうかな?

69:こんばんは by ルピ on 2010/07/25 at 19:38:11

グリーンフード…葉緑素…私は、メーカー忘れてしまったけど、小松菜っていう緑色の粉末を何回か買って闘病してるときのキキのえさに入れてたけど病院の先生には、怒られちゃいました色のついたものは、やったらいかんって着色料が入ってるのかなあ…小松菜って名前だし結構高かったから小松菜100パーセントだと思ったんだけどなあ…甘かったか

70:Re: こんばんは by そらぴよ on 2010/07/25 at 20:13:15

「小松菜粉」は、小松菜100%とあるので着色料は使っていないと思います。差し餌を作るのに小松菜を擦るとわかるけど、少しの量で濃い緑色になります。病院の先生は念のためということと、新鮮な青菜は加工食品にはない栄養素が生きていて、それが免疫力を高めてくれるのでそう言われたのではないでしょうか?

ところであの小松菜粉、けっこう高いですよね・・・。パセリのように葉が薄いものならレンジでカリカリに乾燥させて、それを粉にして保存できます。小松菜ではどうかな・・・やってみたことはないですが、可能だと思います。水分を含まない青菜成分が必要な時、私も試してみようかな・・・(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。