プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

スズメは6割減少していた?

1羽で食べるスズメ


スズメは一説によると、20年ほど前より6割も減少しているそうです。

減っていたスズメ 山科鳥類研究所

スズメプロジェクト

スタジオパーク スズメなぜ減った?

検証がしにくいので、そんなことはないと考えて「スズメ減少説に惑わされる人々」と主張する人もいたようですが、そらぴよは事実だろうなあと思います。。

というのも、そらぴよの体感的に、

①ここ数年、繁殖シーズンの初夏でも、子スズメの鳴き声をほとんど聞かなくなった。
 
②親鳥が連れて歩くヒナの数が、必ずといっていいほど1羽。

③秋以降、スズメがねぐらにする木に(そらぴよ移動行動エリア内に、3本確認)集まってくるスズメの数が減ってきた。

まあ、あくまでそらぴよの知っている範囲内ですが。

それでもやっぱり減っているのは事実だと思いますね。。。

ツバメも近所に2か所巣がありましたが、今はどこも見なくなりました。

減少の推測については、上であげたサイトにいくつか書いてありました。

そらぴよは何となく、その原因にプラスして鳥インフルエンザによる風評被害というか間接的な影響もあるような気がしてなりません。

つまり人間のスズメや野鳥に対する目が厳しく冷たくなって、それも隠れた大きな一因ではないかと。

そらぴよの近隣では、少し前までスズメにエサをやっていた人もいましたが、今は皆無になりました。。。

今年のスズメの繁殖はどうなるか、楽しみなような怖いような。

一番身近な野生の生き物に、優しくなれる人がもっと増えるといいですね。



よろしければ、ぽちっ、とお願いします☆
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。