プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
862:ペットの同行避難 by taka on 2014/07/12 at 07:40:44

こんにちは。ペットの同行避難について調べていてコチラにお邪魔しました。
先日の台風8号の際、避難所に鳥を連れて避難しました。ケージに入れて風呂敷で包んでボストンバックに入れたオカメインコが一羽です。
でも、動物持ち込み禁止、って言われました。
最初は騒音が~ 次に衛生面で~
最後には鳥インフルエンザが~ って言うんです。
とにかく何か理由を付けて出て行けって感じでした。
最終的には、廊下に置く事になり、自分も一緒に廊下で一晩過ごしました。
現実、そんなもんです。すごく悲しく、悔しい思いをしました。
行政も自治体も避難施設も、ちゃんと対応してくれるようになる事を願います。

863:takaさんへ by そらぴよ on 2014/07/13 at 01:28:51

こんにちは。
辛い思いをされましたね。
本当に悔しかったでしょうね。。。

避難所を運営される方たちは、とにかく面倒を避けたい一心で拒否するんでしょうね。
ペットを飼っていない方も、迷惑と思うことも多いかもしれないのですよね。
だからこそペットと飼い主を守ってくれるのは、自治体の正式な同行避難制度しかないと思っています。

制度があって、自治体が本気で積極的に取り入れているなら、避難所の現場単位では拒否することがあっても、飼い主は交渉する余地もありますから。

大震災の時は、例えば福島と仙台の対応は対照的だったと思います。
仙台(近郊)・宮城では、避難所で断られたという話も何件かあったようですが、市民は連れて逃げる選択肢が元々あります。
当時の映像で印象的だったものに、津波に囲まれた中学校の教室で、多くの犬猫と人間が一緒に避難していた姿でした。

というのも仙台は別の大地震が100%近い確率で目前に迫っているため、防災に熱心です。同行避難に積極的で、避難訓練もしていましたが、福島は大地震がなかったためペットをどうするかを考えたことがなかったようです。

その差が、時間的に余裕がなかった津波の際はともかく、放射能から逃げる際に置き去りにされた動物たちの姿なのでしょう。。。

私も避難するときには拒否されるかも・・・と不安になりますが、何とかよい方法をとれるように頑張りたいと思っています。

866: by かつ on 2014/07/18 at 12:41:10

こんにちわ!はるとちゃん、強くなってますね!家は今日、キッチン用のデジタルの計りを買いに行って、早速測ってみると、34g…とりあえず、餌はマニアシリーズをやめて、ボレー粉とカワツキ餌で暫く様子みたいと思いますが、アドバイス有ればぜひ、お願いしますm(__)m

867:かつさんへ by そらぴよ on 2014/07/24 at 17:22:51

お返事遅くなってすみません><

今も34グラムですか?
マニアシリーズが栄養よすぎたのかもしれないですね(^^;

肥満対策には、
◎青菜をたくさん与える
◎運動させる
◎カロリーの高いエサや栄養剤は与えない

などが鉄則ですが、鳥の減量は人間のより大変ですよね。
放鳥を多めにして、一緒に部屋の中を動いたりして遊んであげるといいかもしれないです。
もし大き目のケージが家にあれば、そちらを使ってもいいと思います。

▼このエントリーにコメントを残す

   

はるとの気が強くなってきた

はるとの気が強くなってきました。

たまに咲也と一緒に放鳥して、水浴びさせようとしたら・・・

あのオス勝りの咲也がなんと、部屋中追いかけまわされて攻撃されていました!
咲也は怯えてしまい、大好きな水浴びも昨日はやれなくなってしまったほど。

ほんの数週間ほど前は、はるとは自分が苛められていたんですけどね。。。。

大好きなイケメンくりにも、攻撃されたら凄い勢いで反撃するようになっています。


くりvsはると



意外と気の強いはると



はると~~、それじゃつがいになれないよ><

隙があれば傍に寄りたがるくらい、大好きなくりなのにね。



大好きなくりにも負けてはいない





ぽちっ↓、と応援お願いします(*^-^)
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
862:ペットの同行避難 by taka on 2014/07/12 at 07:40:44

こんにちは。ペットの同行避難について調べていてコチラにお邪魔しました。
先日の台風8号の際、避難所に鳥を連れて避難しました。ケージに入れて風呂敷で包んでボストンバックに入れたオカメインコが一羽です。
でも、動物持ち込み禁止、って言われました。
最初は騒音が~ 次に衛生面で~
最後には鳥インフルエンザが~ って言うんです。
とにかく何か理由を付けて出て行けって感じでした。
最終的には、廊下に置く事になり、自分も一緒に廊下で一晩過ごしました。
現実、そんなもんです。すごく悲しく、悔しい思いをしました。
行政も自治体も避難施設も、ちゃんと対応してくれるようになる事を願います。

863:takaさんへ by そらぴよ on 2014/07/13 at 01:28:51

こんにちは。
辛い思いをされましたね。
本当に悔しかったでしょうね。。。

避難所を運営される方たちは、とにかく面倒を避けたい一心で拒否するんでしょうね。
ペットを飼っていない方も、迷惑と思うことも多いかもしれないのですよね。
だからこそペットと飼い主を守ってくれるのは、自治体の正式な同行避難制度しかないと思っています。

制度があって、自治体が本気で積極的に取り入れているなら、避難所の現場単位では拒否することがあっても、飼い主は交渉する余地もありますから。

大震災の時は、例えば福島と仙台の対応は対照的だったと思います。
仙台(近郊)・宮城では、避難所で断られたという話も何件かあったようですが、市民は連れて逃げる選択肢が元々あります。
当時の映像で印象的だったものに、津波に囲まれた中学校の教室で、多くの犬猫と人間が一緒に避難していた姿でした。

というのも仙台は別の大地震が100%近い確率で目前に迫っているため、防災に熱心です。同行避難に積極的で、避難訓練もしていましたが、福島は大地震がなかったためペットをどうするかを考えたことがなかったようです。

その差が、時間的に余裕がなかった津波の際はともかく、放射能から逃げる際に置き去りにされた動物たちの姿なのでしょう。。。

私も避難するときには拒否されるかも・・・と不安になりますが、何とかよい方法をとれるように頑張りたいと思っています。

866: by かつ on 2014/07/18 at 12:41:10

こんにちわ!はるとちゃん、強くなってますね!家は今日、キッチン用のデジタルの計りを買いに行って、早速測ってみると、34g…とりあえず、餌はマニアシリーズをやめて、ボレー粉とカワツキ餌で暫く様子みたいと思いますが、アドバイス有ればぜひ、お願いしますm(__)m

867:かつさんへ by そらぴよ on 2014/07/24 at 17:22:51

お返事遅くなってすみません><

今も34グラムですか?
マニアシリーズが栄養よすぎたのかもしれないですね(^^;

肥満対策には、
◎青菜をたくさん与える
◎運動させる
◎カロリーの高いエサや栄養剤は与えない

などが鉄則ですが、鳥の減量は人間のより大変ですよね。
放鳥を多めにして、一緒に部屋の中を動いたりして遊んであげるといいかもしれないです。
もし大き目のケージが家にあれば、そちらを使ってもいいと思います。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。