プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
870: by マサキチ on 2014/07/26 at 18:53:42

こんにちは。
暑がっている文鳥さんに、保温と加湿をしたら、熱中症になってしまいますよね……。
やはり、鳥に詳しくない病院って怖いですね。

871:マサキチさんへ by そらぴよ on 2014/07/27 at 08:34:19

こんにちは。
他の文鳥さんですけど、やはりエアコンをつけずに窓だけ開けていて、熱中症で死んだというお話を昨日聞きました><
昔と比べて、暑さの質が違うのかもしれないですね。。

▼このエントリーにコメントを残す

   

鳥の暑いときの特徴と、獣医さんの不思議な判断

換羽終了間近のはると。

めちゃくちゃ暑いですね!
クーラーをつけていても、文鳥たちの水浴びの勢いが凄いです。

ところで、小鳥(特に文鳥)が暑がっているときの特徴として、

1.口を開けて肩で息をする。人間や犬がハァハァ喘ぐように、「ヒーヒー、キーキー」と声を出す。
2.半目になったり目を閉じて、辛そうな顔になる。
3.肩の羽を浮かせて、脇の下を空ける。
4.寒くて羽を膨らませる時とは逆に、全身の和毛を身体につけるので、痩せて小さくなったように見える。
5.腿とお腹の羽を離し気味にするので、多少背伸びした感じ。

と、このうちのいくつかだったり全部だったりしますよね。

ところが聞いた話によると、獣医さんがまさにこの1~5状態の文鳥を診察して、しっかり保温・加湿するように指示したとか。

そらぴよはその文鳥さんの動画を見せてもらったのですが、どうしても暑がっているようにしか見えませんでした。

鳥に詳しい獣医さんではなかったのかも。
でも暑さバテの小鳥を病院に連れていって、こういうこともあり得る、ということで、まあ要注意です(^^;。。。。。

ちなみに老鳥や病鳥など、夏でも保温が必要な場合。

そらぴよはいったんクーラー28度設定で室温を快適な状態にまで下げます。
その上で、サーモとペットヒーターを使います。
冬場の保温より慎重に様子を観察しながら、その鳥にとっての適正温度をこまめに判断し直しながら保温しています。





ぽちっ、と応援お願いします(*^-^)
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
870: by マサキチ on 2014/07/26 at 18:53:42

こんにちは。
暑がっている文鳥さんに、保温と加湿をしたら、熱中症になってしまいますよね……。
やはり、鳥に詳しくない病院って怖いですね。

871:マサキチさんへ by そらぴよ on 2014/07/27 at 08:34:19

こんにちは。
他の文鳥さんですけど、やはりエアコンをつけずに窓だけ開けていて、熱中症で死んだというお話を昨日聞きました><
昔と比べて、暑さの質が違うのかもしれないですね。。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。