プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
81:やとみ~ by えま~ゆ on 2010/08/03 at 22:21:26

そうなんだ~弥富文鳥は特殊なんですね。初めて知りました。ふむふむ。
うちの文鳥はたぶん静岡産だったと思います。
先日弥富に行きましたのに、何も文鳥に関するものに出会えなかったのが残念でした(T_T)
そうゆう話を聞くとますます弥富文鳥が欲しくなってきますね~

ルピさんちのララちゃんもやっと受け入れることができたかな?ララちゃんとキキちゃんの思い出を語り合って下さい^^

82:えまーゆさんへ by ルピ on 2010/08/03 at 23:09:15

こんばんは\(^O^)/お久しぶりです(^O^)ルピです。弥富は文鳥で有名で、私もキキララを買うときに問い合わせしたくらいで(汗)でも電話しても出てくれなかったんだなあ…で、しょうがなくペットショップでお取り寄せしてキキララを買ったんだ。だからキキララは恐らく台湾からきたんじゃないかな?飛行機でって言ってたからララは、最近やっとキキを探すようなことはなくなったかな?私もやっと1ヶ月たって前向きになりましたキキの元気なときが思い出されますえまーゆさんちの鳥さんたちは元気ですかあ?

83:Re: やとみ~ by そらぴよ on 2010/08/04 at 23:57:16

こんにちは~♪

うちの文鳥は4羽のうち3羽が名古屋、1羽が静岡です。
今は静岡産のシェアが大きいですね。
弥富に行っても・・・何も収穫がない時代になって悲しい~(T_T) 
以前は文鳥組合で、ヒナをわけてもらえたらしいのに。私も弥富文鳥を繁殖させるか!と思っても、ぜんぶヒナを手元に残しそうで、なかなか難しいです~( ̄▽ ̄;)

84:Re: えまーゆさんへ by そらぴよ on 2010/08/05 at 00:01:29

ルピさんへ

台湾文鳥は、美男美女文鳥が多いといううわさもあります♪ どうりでララ君も、女優に似た美形なんだ(*^o^*) キキちゃんも今は空で落ち着いて、ルピさんを見守ってくれているのではないでしょうか。ララ君がもっとベタ慣れになってくれるといいですね♪

112:ガッカリ by gaogao on 2010/08/12 at 19:24:58

NHKの放送
期待してツレと観ました…
ガッカリ
やっぱり、文鳥好きさん、皆さんガッカリでしたか!

114:Re: ガッカリ by そらぴよ on 2010/08/13 at 00:56:36

こんにちは、gaogaoさん☆

やっぱり、観ましたか!
あれはtwitter上でも文鳥クラスタから激しいブーイングをされていました。
番組冒頭で文鳥が出てくるのだから、当然期待しますよねえ!

でも実際に、ちょうど今日弥富の関係者の方からお返事を頂いたのですが、やはり農家さんの高齢化と収入的な問題があって、どうにもできないような現状とのことでした。日本の誇る弥富文鳥なのに、何とか出来ないものでしょうかね。金魚は残っているのに・・・ととても悲しく思いました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

”発祥の地”弥富で文鳥農家がたった4軒

愛知のオス文鳥、ユウキ
名古屋出身のオス文鳥、優希

NHKのテレビ「鶴瓶の家族に乾杯」で、2回にわたって弥富市を特集していました。8月2日の放送は、後半分。

番組の冒頭で、過去の文鳥組合の映像が流れたので、期待して見ていました。

ところが結局、小鳥店とオカメインコの繁殖業者さんは登場したものの、文鳥は1羽も登場せず。
番組の中で、「弥富の文鳥農家は現在4軒」と一言だけあっさりナレーションがありました。
ちなみにそのオカメインコの繁殖業者さんも、元はと言えば文鳥の繁殖業を営んでおられたそうです。

2009年の8月1日づけで弥富の文鳥組合は解散。その後、農家さんが数軒、各々で文鳥を育てているという話は聞いていましたが・・・。

ちなみにヒナの価格は、桜文鳥が1500円~2000円。オカメインコが15000円。
そう考えると、オカメの繁殖に移るのは生活がかかっている以上、仕方のないことなのかもしれません。

しかし・・・文鳥マニア垂涎の、文鳥の発祥地であり聖地! 憧れの弥富!!!
しかも日本の弥富文鳥の遺伝は、世界の他の文鳥と違う特殊なものがあることを考えると、簡単に見過ごせない焦りを感じます。

文鳥を何十羽も飼っていて、最近、パイドの強いゴマ塩桜文鳥がかなり増えていると思います。特に台湾系はもちろんのこと、静岡系も。
伝統的な弥富の桜文鳥は、胸に白いぼかし・のどに白班・それでいて頭と背中にはパイドがほとんど入らない・・・そんな文鳥が多かったはずですが、最近はゴマ塩文鳥がかなりの割合を占めるのではないかと。

今回は番組を見てのちょっとした感想なので、遺伝については述べませんが、弥富文鳥は世界の文鳥の中でも特殊な遺伝子を持っています。なのでその血を絶やしたり、他の系統の文鳥と混ぜないでほしい・・・と願うばかりです。

原産地インドネシアの文鳥のように。
・・・害鳥として非常に数多くいたのに、現在はワシントン条約附属書Ⅱ類に指定。原産地からは輸入禁止。
ほとんど原産地では半ば絶滅状態に近くなっています・・・。



ところで話は変わって。

そんな私を慰めるように、ルピさんから明るいララ君通信が届きました。

かわいい画像と一緒に紹介します。




ララ君8月2日
ルピさんの足に乗っているララ君


今日も白文鳥ララは、私の足で遊んでいます
手ではなくて足ならいつまでもじっとして遊んでます
最近やっとキキのことを忘れてきてると思います…やっと…

ララは私の足が大好き

シーズー犬のプーは、悪ガキで困ってしまう
でも、寝る姿はかわいくてかわいくてもうギュウッてしてしまいそう
時には私と母が変装させたりと遊んでいます


ぷー君8月2日
プーくん。にゅーっ、と伸びをしておねむの前。






↓励ましに、よろしければ、ぽちっと
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
81:やとみ~ by えま~ゆ on 2010/08/03 at 22:21:26

そうなんだ~弥富文鳥は特殊なんですね。初めて知りました。ふむふむ。
うちの文鳥はたぶん静岡産だったと思います。
先日弥富に行きましたのに、何も文鳥に関するものに出会えなかったのが残念でした(T_T)
そうゆう話を聞くとますます弥富文鳥が欲しくなってきますね~

ルピさんちのララちゃんもやっと受け入れることができたかな?ララちゃんとキキちゃんの思い出を語り合って下さい^^

82:えまーゆさんへ by ルピ on 2010/08/03 at 23:09:15

こんばんは\(^O^)/お久しぶりです(^O^)ルピです。弥富は文鳥で有名で、私もキキララを買うときに問い合わせしたくらいで(汗)でも電話しても出てくれなかったんだなあ…で、しょうがなくペットショップでお取り寄せしてキキララを買ったんだ。だからキキララは恐らく台湾からきたんじゃないかな?飛行機でって言ってたからララは、最近やっとキキを探すようなことはなくなったかな?私もやっと1ヶ月たって前向きになりましたキキの元気なときが思い出されますえまーゆさんちの鳥さんたちは元気ですかあ?

83:Re: やとみ~ by そらぴよ on 2010/08/04 at 23:57:16

こんにちは~♪

うちの文鳥は4羽のうち3羽が名古屋、1羽が静岡です。
今は静岡産のシェアが大きいですね。
弥富に行っても・・・何も収穫がない時代になって悲しい~(T_T) 
以前は文鳥組合で、ヒナをわけてもらえたらしいのに。私も弥富文鳥を繁殖させるか!と思っても、ぜんぶヒナを手元に残しそうで、なかなか難しいです~( ̄▽ ̄;)

84:Re: えまーゆさんへ by そらぴよ on 2010/08/05 at 00:01:29

ルピさんへ

台湾文鳥は、美男美女文鳥が多いといううわさもあります♪ どうりでララ君も、女優に似た美形なんだ(*^o^*) キキちゃんも今は空で落ち着いて、ルピさんを見守ってくれているのではないでしょうか。ララ君がもっとベタ慣れになってくれるといいですね♪

112:ガッカリ by gaogao on 2010/08/12 at 19:24:58

NHKの放送
期待してツレと観ました…
ガッカリ
やっぱり、文鳥好きさん、皆さんガッカリでしたか!

114:Re: ガッカリ by そらぴよ on 2010/08/13 at 00:56:36

こんにちは、gaogaoさん☆

やっぱり、観ましたか!
あれはtwitter上でも文鳥クラスタから激しいブーイングをされていました。
番組冒頭で文鳥が出てくるのだから、当然期待しますよねえ!

でも実際に、ちょうど今日弥富の関係者の方からお返事を頂いたのですが、やはり農家さんの高齢化と収入的な問題があって、どうにもできないような現状とのことでした。日本の誇る弥富文鳥なのに、何とか出来ないものでしょうかね。金魚は残っているのに・・・ととても悲しく思いました。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。