プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
99:パートナー by えま~ゆ on 2010/08/09 at 17:00:55

すごいね!そらぴよさんは特別なパートナーに選ばれてるんだね。多頭飼いでよくそこまでベタ慣れしましたね。
うちは文鳥同志が仲良くなってるので、人間はパートナーと思えないようです。
以前飼っていたブンちゃんは私だけにベタ慣れしてましたが、今はさみしいです~(T_T)

だから爪切りも大変よ。爪を切ったあとはしばらく寄ってきません(T_T)

この前ホームセンターでかったエサですが、糸のようなものでつながったエサにあたってしまいました。
スズメ用だったので文句も言わなかったのですが、これといって支障はないのですね。
ホームセンターのはやっぱり古かったりするのかな?

101:シードの虫・・・ by るぴ on 2010/08/09 at 20:05:16

 こんばんは!

私は以前、皮つき餌に無数の小さい虫がわいてたのを

気づかずに与えていました・・・あれは何だったんだろ。
あ、えまーゆさん、ララもあまり私をパートナーとは

思ってません・・・(涙)

キキがいたからかな・・・なかなか今も認めてくれない・・・
だから、そらぴよさんが羨ましいよう~

爪切りは最近してないな・・・やっぱり怖くて・・・

あ、えまーゆさんち、スズメの餌をあげてるの??

シード以外に??

102:管理人のみ閲覧できます by on 2010/08/09 at 20:37:34

このコメントは管理人のみ閲覧できます

103:Re: パートナー by そらぴよ on 2010/08/09 at 23:37:07

えまーゆさんへ☆

訪問ありがとう~。
うちは1羽ずつヒナを育てます。差し餌の時期だけ他の鳥の姿を見せないと、多頭飼いでもベタ馴れになってましたe-3192羽以上で差し餌すると、やっぱり懐き度は低いですね。

そのかわり、忙しい時は鳥同士で遊んでて・・・と思ってもそうはいかなくて(笑)。時間を作るのは大変☆

スズメ用の餌ってあったんだ? ミルウォームとかじゃないよね?
フィンチ用のミックスシードかなぁ?

今は鳥エサにも消費期限は書いてあるはずだけど、ホームセンターのは古いというより管理が悪いのかも。温度や湿度とか。
でも糸でつながってるのは、小鳥店のでもよくあることだから、私は干して使ってます。
消毒の薬をたっぷりかけるよりいいじゃない・・・みたいに考えて。大ざっぱかもしれないけど、でも問題があったことはないです~(*^o^*) 小鳥のシード干しは、子供の頃は夏の行事みたいに思ってました♪

104:Re: シードの虫・・・ by そらぴよ on 2010/08/09 at 23:41:10

ルピさんへ☆

餌にわく小さい虫・・・メイガが大半で、うちでわいたのはそれでした。
糸を引く感じでシードがくっついて、それが孵化すると虫が飛び立って(>_<)
あとはコクゾウムシという少し大きめの、ごつい虫です。それは小鳥のエサにはうちでは入っていませんでした。

キキちゃんとララ君は、鳥同士でパートナー認定しちゃったんでしょうね、やっぱり。

でも少しずつでも懐いてくれるといいなぁ。
それに甘えてこない文鳥でも、心の中は手乗り文鳥と同じ・人間が大好き・・・ですよ♪

▼このエントリーにコメントを残す

   

文鳥の愛はいつも不条理

ティッシュボックスに乗る文鳥
体重測定では、デジタルスケールの上にカバー付きティッシュボックスを乗せて測定しています。これは今日のサク。爪切りが待っているとは、予想もしていない・・・

昨日は体重測定。

今日は4羽全員の爪切りというメンテナンス続き。

うちの文鳥は大人しく切られてくれるので助かる・・・と思っていましたが、思いがけないハプニング。

放鳥し、無事に切り終えてさあご褒美の水浴び・・・と立ちあがった瞬間、一番年下のサクが飛びついたのは、家族の指!

がしっ、とつかまり、がぶがぶがぶ!!

一瞬で▽型に赤く腫れあがるくらい、噛んでました・・・

あわてて私がサクをつかみあげると、

「なぁに?」
キラキラ☆お目々で私を見上げるものの、

家族がまた、
「なに噛んでるの」
と言ったとたん、目を吊り上げて振り返って指に飛びつき、がぶっ!

ひねりを入れてぐいぐい引っ張るので、私は慌てて文鳥を連れて離れました。

サクは曇りのない、つやつやの黒曜石の目で私を見上げていました。一瞬前とは別鳥のように・・・。

たぶん、爪切りの時にサクの指を取り出すのを1回だけ、手伝ってもらったからのような気がします。
それとも、本当に単なる八つ当たりか。
パートナーの私には甘えて、そして爪切りの苛立ちは他の人間に?

指をふーふー吹いて痛がる家族を尻目に、文鳥たちはハートマークを飛ばしながら、肩や手の上でテリトリー大戦争を繰り広げていました・・・。



さて、話は変わってこの時期。

シードの中に虫がわいて、糸のようなものでつながった状態になっていることがあります。

エサの袋や缶を開けたとたんに、小さな虫が飛び立つことも。

この虫は、「ノシメマダラメイガ」という蛾の幼虫がほとんど。

よくこの虫を見つけると、エサ全部を捨ててしまえと薦めるのを聞きますが、よく晴れた日に天日干しをすればOK。
大きな紙などに広げて天日干しし、その後、虫がいた残骸だけを取り除きます。

捨てて悪くはないです。でも万が一食べても小鳥の身体に害はないし、毒性や細菌感染の問題もないそうです。
従来型の小鳥店ではよく天日干しするよう、教えてくれたものですが、ペットショップでは全部捨てるよう指示するところもあるようなので、ちょっともったいないかな~と思うこともあります。

穀物全体の供給が不安定になりつつある時代ですから、雑穀とはいえ大切に扱いたいので・・・。

ちなみに夏場は、最初からタッパーに入れて冷蔵庫に保存すると、虫がつかずに安心でしょう。




↓ ぽちっ、とお願いします♪
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
99:パートナー by えま~ゆ on 2010/08/09 at 17:00:55

すごいね!そらぴよさんは特別なパートナーに選ばれてるんだね。多頭飼いでよくそこまでベタ慣れしましたね。
うちは文鳥同志が仲良くなってるので、人間はパートナーと思えないようです。
以前飼っていたブンちゃんは私だけにベタ慣れしてましたが、今はさみしいです~(T_T)

だから爪切りも大変よ。爪を切ったあとはしばらく寄ってきません(T_T)

この前ホームセンターでかったエサですが、糸のようなものでつながったエサにあたってしまいました。
スズメ用だったので文句も言わなかったのですが、これといって支障はないのですね。
ホームセンターのはやっぱり古かったりするのかな?

101:シードの虫・・・ by るぴ on 2010/08/09 at 20:05:16

 こんばんは!

私は以前、皮つき餌に無数の小さい虫がわいてたのを

気づかずに与えていました・・・あれは何だったんだろ。
あ、えまーゆさん、ララもあまり私をパートナーとは

思ってません・・・(涙)

キキがいたからかな・・・なかなか今も認めてくれない・・・
だから、そらぴよさんが羨ましいよう~

爪切りは最近してないな・・・やっぱり怖くて・・・

あ、えまーゆさんち、スズメの餌をあげてるの??

シード以外に??

102:管理人のみ閲覧できます by on 2010/08/09 at 20:37:34

このコメントは管理人のみ閲覧できます

103:Re: パートナー by そらぴよ on 2010/08/09 at 23:37:07

えまーゆさんへ☆

訪問ありがとう~。
うちは1羽ずつヒナを育てます。差し餌の時期だけ他の鳥の姿を見せないと、多頭飼いでもベタ馴れになってましたe-3192羽以上で差し餌すると、やっぱり懐き度は低いですね。

そのかわり、忙しい時は鳥同士で遊んでて・・・と思ってもそうはいかなくて(笑)。時間を作るのは大変☆

スズメ用の餌ってあったんだ? ミルウォームとかじゃないよね?
フィンチ用のミックスシードかなぁ?

今は鳥エサにも消費期限は書いてあるはずだけど、ホームセンターのは古いというより管理が悪いのかも。温度や湿度とか。
でも糸でつながってるのは、小鳥店のでもよくあることだから、私は干して使ってます。
消毒の薬をたっぷりかけるよりいいじゃない・・・みたいに考えて。大ざっぱかもしれないけど、でも問題があったことはないです~(*^o^*) 小鳥のシード干しは、子供の頃は夏の行事みたいに思ってました♪

104:Re: シードの虫・・・ by そらぴよ on 2010/08/09 at 23:41:10

ルピさんへ☆

餌にわく小さい虫・・・メイガが大半で、うちでわいたのはそれでした。
糸を引く感じでシードがくっついて、それが孵化すると虫が飛び立って(>_<)
あとはコクゾウムシという少し大きめの、ごつい虫です。それは小鳥のエサにはうちでは入っていませんでした。

キキちゃんとララ君は、鳥同士でパートナー認定しちゃったんでしょうね、やっぱり。

でも少しずつでも懐いてくれるといいなぁ。
それに甘えてこない文鳥でも、心の中は手乗り文鳥と同じ・人間が大好き・・・ですよ♪

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。