プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1069:ぴよちゃんありがとう by るぴ on 2017/02/11 at 12:15:20

こんにちは‼ご無沙汰してます。るぴです。
うちのかわいい文鳥のララくんが、今年で9才になる老鳥で、三日前までは、元気だったんですが、あれ?と思うように。。。よく見るとくちばしを小さく動かしてる。口呼吸になってたんです。これは、おかしいと思ってたら、やはり日に日に苦しそうになり、羽を膨らませてなんとか食べないとって思ってるようで、口呼吸しながらだから、苦しそうなんだけど、食べてる。
見ててかわいそうになるけど、まだ、ますばこに入れるのはやめとこうと。。。
脚力もなく、止まり木も上から下に移動させました。なんとか今は、移動をばたつきながらもしてるので、気力がなくならないように、このまま、鳥かごで様子を見ています。
ですが、ツラいです。。。

1070:るぴさんへ by そらぴよ on 2017/02/11 at 12:23:21

こんにちは!
ほんとにお久しぶり!

ララ君が持ちこたえてくれるように、一日でも長生きしてくれるように応援のつもりで書きました。

優秀な獣医さんも、飼い主の鋭い観察眼と愛情にはかなわないと思うよ・・・。

こういう状況だから、と言われると他の鳥飼いや獣医さんは予想することやこうしたらいいと思うことはあるけれど、目の前の細かい状況・変化はつかみきれないので・・・

るぴさん・ララ君、がんばってね。


▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫

足の弱い鳥・老鳥用にケージを工夫

うちのさくやは今年で8歳。

まだ元気ですが、卵をたくさん産んだので足が弱くなっています。
止まり木から時々落ちたり、つかまっているのがかなり大変そうなので、ケージを工夫しました。

老鳥ながらまだ体力はあって、普通に止まり木をつかめるので、前に菜生人にやっていた仕様とはまた違ったものに。
止まり木に何かを巻くのではなく、単純にケージの底を上げて、止まり木部分とほぼ同じ高さにしました。

フン切り網か、なければふつうにトレイの上に新聞紙を好きなだけ重ねていくだけです。
1日分の束のまま×4~5日分くらい?
もしくは中にプチプチとか、何か挟んでもいいですね。
家にあるものを何でも活用して。

↓これはわかりやすいように、余ったケージでやってみたものですが、
あまり新聞を高くすると、エサ入れが浮いてしまいます。
そこは鳥の状況に応じてとか、うちの場合は普通のエサ入れの他に大きめのボレー粉入れを活用しています。

籠の方法


↓今こんなふうにさくやは過ごしています。
横両側に1つずつ、計2つのバナナ式水入れ。
ヒーターは万が一やけどをしないように、上のほうにかけています。
・・・事情があって超急いで画像を撮ったので、逆光だしピンボケですね 笑

こんな感じ


日中はまったり、こんな感じで。

まったりくつろぐ


夜間は、うちは雛のころからます箱に慣れているので、そっちに移します。
余ったケージの金網にヒーターをつけて、その中にます箱を入れてカバーをかけます。
暑すぎず寒くなく、暖かく夜を過ごせているようです。

ただ日中は・・・
鳥自身もいつもと同じ環境で過ごしてエサを食べたがる場合もあるし、
その方が生きる力が続く鳥もいます。

弱った場合すぐにプラケースに移すのは無難ではありますが、
飼い主が愛鳥の性格・状況をよく見極めて臨機応変に対応するのが一番かなーと。

2月は老鳥、病鳥が落鳥しやすい時期です・・・

全国の鳥さんが、元気で一日も長く飼い主さんと過ごせますように。




にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村






トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1069:ぴよちゃんありがとう by るぴ on 2017/02/11 at 12:15:20

こんにちは‼ご無沙汰してます。るぴです。
うちのかわいい文鳥のララくんが、今年で9才になる老鳥で、三日前までは、元気だったんですが、あれ?と思うように。。。よく見るとくちばしを小さく動かしてる。口呼吸になってたんです。これは、おかしいと思ってたら、やはり日に日に苦しそうになり、羽を膨らませてなんとか食べないとって思ってるようで、口呼吸しながらだから、苦しそうなんだけど、食べてる。
見ててかわいそうになるけど、まだ、ますばこに入れるのはやめとこうと。。。
脚力もなく、止まり木も上から下に移動させました。なんとか今は、移動をばたつきながらもしてるので、気力がなくならないように、このまま、鳥かごで様子を見ています。
ですが、ツラいです。。。

1070:るぴさんへ by そらぴよ on 2017/02/11 at 12:23:21

こんにちは!
ほんとにお久しぶり!

ララ君が持ちこたえてくれるように、一日でも長生きしてくれるように応援のつもりで書きました。

優秀な獣医さんも、飼い主の鋭い観察眼と愛情にはかなわないと思うよ・・・。

こういう状況だから、と言われると他の鳥飼いや獣医さんは予想することやこうしたらいいと思うことはあるけれど、目の前の細かい状況・変化はつかみきれないので・・・

るぴさん・ララ君、がんばってね。


▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。