プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
117:こんばんは~ by えま~ゆ on 2010/08/13 at 22:54:56

そうなんだな~
うちは2羽同時に放鳥してるから、どうしても2羽が仲良くしてしまう。
でも、ゆっくりあそんであげられないからそれが楽だったりするんだね。
あんまし放ったらかしにしておくと人間のこと忘れられそうだ…
できるだけ接してあげるように努力します(^^ゞ

でも、話しかけると首をかたげて聞いていてくれるのは確かです~
そうゆうとこがカワイイんだな~

連ちゃんはおとなしいんだ。
うちにいたメスはいつも強かったから、メスは強いのかと思ってたけど、おとなしい子もいるんだね。
いろいろ勉強になります~

118:Re: こんばんは~ by そらぴよ on 2010/08/14 at 00:15:19

えまーゆさん☆

こんばんは。鳥同士が2羽の方が、本当は幸せじゃないかと思ったりもしますが(笑)。

でも話しかけると人間の目を見てじーっと聞いて、「ピャッ、ピャッ」って鳴いたりしますよね。その相槌の打つタイミングが、会話しているとしか思えないタイミングで(*´∀`)
特に連はその相槌が上手なみたいです♪

うちはメスは3羽。気に強いのが2羽に、弱いのが1羽。
いろいろな性格がいますよ~。
でも身体の大きな子は気が強い傾向はあるかも。
うちの(現在の)末っ子・サクヤは体格がいいので、きつい性格なのかも。連は体重が23グラムで小さめですから。

119:こんばんは by るぴ on 2010/08/14 at 01:41:00

こんばんは~皆さん!

うちはララだけなんで放鳥中はララから目は離しません。が、ララは超怖がりなのでそんなにうろつきません(笑)

でも床に降りたときは気をつけてます。たまに飛ぶと一瞬どこに行ったかわからなくなることが少し・・・
大概私の後ろにいますが・・・踏んだら大変だ・・・

ララも最近は私が「チュッチュッ」と言うと答えてくれます(^^)ちょっと進歩かな??

▼このエントリーにコメントを残す

   

夏休みの放鳥、その効果と留意点

連。褒められて嬉しいのか、小首を傾げて一生懸命、言葉を聞き取ろうとしているところ。
いちばん大人しく、他の3羽に追いやられがちな女の子・連。
それでもナイス写真を褒められて、話しかけられるたびにピッ、ピッ、とうれしげに相槌を打っているところ。
他の1羽がそれを察知・嫉妬してか、携帯電話のカメラに激しく喧嘩を売っていました・・・




夏休み、お盆休み。

いつもよりゆっくり放鳥すると、人間も小鳥も大満足。
長期の休みは、文鳥をより懐かせるチャンスです。

以前のこと。
どこかよそよそしかった文鳥を冬休み中に毎日2時間ずつ放鳥して、休み明けには「握りもふ文鳥♪」になったことがありました。

もし懐き度がイマイチだな、と思える文鳥さんがいたら、夏の休みにしっかり可愛がってより仲良くなってしまいましょう。


ちなみに私が思う、<文鳥とより仲良くなるコツ5カ条>(重要度順)、

①できるだけ1羽ずつ放鳥する。
②文鳥の顔を見て、ゆっくり優しく話しかける。
③ほめる。お世辞ではなく心から、思いっきりほめる。
④好物のエサを少しだけ、手から与える。
⑤一定時間以上、文鳥に集中して相手をする。その子が好む遊びに、人間も付き合う。


他にパートナー候補がいなければ、可愛がれば文鳥からパートナーに選ばれることはよくあります。
またパートナー文鳥がいても、人間は別格扱いで、番いで人間にまつわりついてくれることもよくあります。

どの環境でもけっこう大切なのは、「話しかけ」かも。

つまり人間に語りかけるような口調と内容で、ゆっくり優しく、歌うような声音で話しかける。

人間が鳴き声の代わりに言葉でコミュニケーションをしてくれる・・・文鳥はそう思って小首を傾げて聞き、相槌を打つように返事をしてくれます。

文鳥は複雑な言葉をすべて理解はしませんが、敏感な鳥なので声と言葉の調子から、人間の気持ちを正しく感じとります。

飼い主が楽しそうなときは自分も楽しそうにはしゃぐ。
飼い主が辛く悲しそうなときはそっと慰めてくれる。・・・文鳥自身の意思で、人間を思いやって愛情を示してくれます。

長期の休みは、そんな宝物文鳥になれる良い機会では。


ところでそういう可愛い文鳥ですが、家庭内事故に注意。
長時間放鳥していると、他の雑用などで文鳥に集中しなかったりすることも。

そんなときは、文鳥を踏んだりその上に座ったり、窓やドアからうっかり逃がしたり、文鳥が部屋の中の異物を飲み込んだり、台所の熱い鍋に飛び込んだり、・・・などが起きがちです。常に小鳥がどこで何をしているか、把握しておくことが大切です。

特に時間はあるのものの、細かい用事が増えがちな夏の休みは毎年、上の最初の2つが増えるように感じます。

ちなみに小鳥の事故と外傷について、どの程度なら心配な症状か、詳しい病院サイトがあります。万が一何か起きる前に一読しておいて、改めて気をつけるよう、私も心がけています。


鳥の事故と外傷管理 横浜小鳥の病院HPから。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~avian/accident1.htm


そして小鳥が逃げてしまった場合については、また後ほど。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
117:こんばんは~ by えま~ゆ on 2010/08/13 at 22:54:56

そうなんだな~
うちは2羽同時に放鳥してるから、どうしても2羽が仲良くしてしまう。
でも、ゆっくりあそんであげられないからそれが楽だったりするんだね。
あんまし放ったらかしにしておくと人間のこと忘れられそうだ…
できるだけ接してあげるように努力します(^^ゞ

でも、話しかけると首をかたげて聞いていてくれるのは確かです~
そうゆうとこがカワイイんだな~

連ちゃんはおとなしいんだ。
うちにいたメスはいつも強かったから、メスは強いのかと思ってたけど、おとなしい子もいるんだね。
いろいろ勉強になります~

118:Re: こんばんは~ by そらぴよ on 2010/08/14 at 00:15:19

えまーゆさん☆

こんばんは。鳥同士が2羽の方が、本当は幸せじゃないかと思ったりもしますが(笑)。

でも話しかけると人間の目を見てじーっと聞いて、「ピャッ、ピャッ」って鳴いたりしますよね。その相槌の打つタイミングが、会話しているとしか思えないタイミングで(*´∀`)
特に連はその相槌が上手なみたいです♪

うちはメスは3羽。気に強いのが2羽に、弱いのが1羽。
いろいろな性格がいますよ~。
でも身体の大きな子は気が強い傾向はあるかも。
うちの(現在の)末っ子・サクヤは体格がいいので、きつい性格なのかも。連は体重が23グラムで小さめですから。

119:こんばんは by るぴ on 2010/08/14 at 01:41:00

こんばんは~皆さん!

うちはララだけなんで放鳥中はララから目は離しません。が、ララは超怖がりなのでそんなにうろつきません(笑)

でも床に降りたときは気をつけてます。たまに飛ぶと一瞬どこに行ったかわからなくなることが少し・・・
大概私の後ろにいますが・・・踏んだら大変だ・・・

ララも最近は私が「チュッチュッ」と言うと答えてくれます(^^)ちょっと進歩かな??

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。