プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
162: by gaogao on 2010/09/01 at 23:21:02

考えても無かったです。
災害対策
インコさんには、住所・氏名をハッキリ言えるように教えていますが…
文鳥さんは如何しようv-40

163:地震怖い( ̄◇ ̄;) by えま~ゆ on 2010/09/02 at 13:38:20

東海も東南海もあぶない地域です。
地震怖いよ~
一応免震住宅ではあるのですが、直下型が来たら最悪です(>人<;)
オカメインコは震度1でもパニックをおこすので大変です。

ある程度備えておかなければいけませんね。参考になります。ありがとう(^。^)

164:地震… by ルピ on 2010/09/02 at 20:18:10

こんばんは(^O^)私は阪神大震災を目の当たりにしてるので昨日のように思い出します…私は大阪で一番きつかった豊中の庄内に住んでたのでもう大変でした…今は箕面ですが…あのときは文鳥は飼ってなかったのですが犬を、マルチーズを飼ってたんで…っていうか犬のことなんて考える暇がなかった…とにかく揺れがおさまりつつあるときに「お父さんお父さん」と叫んでました…部屋の中はぐちゃぐちゃ…ステレオも何もかも落ちて…台所は割れた皿の海…マンションの五階だったけど、怪獣がマンションを襲った…そんな揺れだった…もう死んだかと思うくらい…ついに来たかと…実際、大地震がきたときに冷静に対処できるのか…それが不安だ

166:gaogaoさんへ by そらぴよ on 2010/09/04 at 04:22:56

こんにちは☆

考えても仕方ない・・・と言われたらそれまでなんですが、それでも私が考える最低限に必要なのは、
①家具などで圧死させないようにする
②迷子にさせないようにする
③エサと水など最低限を準備し、地震の後は精神的ケアにも気をつける

こんなところかな。これこそが、なかなか難しいんですけどね・・・。
でも日頃からシミュレーションしておくと、少しは違うと思いますv-221

167:えまーゆさんへ by そらぴよ on 2010/09/04 at 04:29:02

こんにちは☆

うちの文鳥も、ちょっと揺れ出すと人間より先に怖がります。オカメちゃんだと、なおさらですよね。

人間ができることばかりではないけど、自己満足でも少しずつ対策をとっていくと気が楽かも。

昔伊勢湾台風の時、弥富村の文鳥がほとんど流されて絶滅しかけたとか。それで弥富市には慰霊碑があるそうです。何かあると、犠牲になるのは弱い者と動物・・・。自分の精神安定のためにも、できるだけのことはしたいです。

168:ルピさんへ by そらぴよ on 2010/09/04 at 04:41:46

そう、大阪だもんね。

あのレベルになると、もうその場では何ともしにくいでしょう。冷静になんかなれないだろうし。それでも普段から、いろんなパターン別に分けてこういうときはこうしよう・・・などと考えておくと少しは落ち着いて行動できるようになるとか。

実際になるとどうかはわからないけど、後悔はしないように、手を尽くしたいと思っている。
それにしても、ルピさんが無事でよかったなあv-290

▼このエントリーにコメントを残す

   

小鳥の大地震・防災対策

防災袋の中身。ごく一例。
うちの防災袋の中身の一例。エサのシードはキクスイの無酸素包装している小袋を数袋で、新鮮に消費期限を保てます。ビニールの手提げ袋はキャリーがすっぽりおさまるもの。他にキャリー、ケージカバー・布・キッチンペーパー、乳酸菌剤など。



日本はいつどこで、大地震が発生するかわかりません。

特に懸念されているのは、首都直下地震。また東海・南海・東南海地震。

そこで、小鳥とペットの大地震対策について考えてみました。

大地震になると、まず家屋の倒壊・家具の転倒・吹っ飛び・ガラスの飛散・火事・ガス漏れ・・・様々な危険があります。

またブロック塀の倒壊。高速道路やビルの倒壊。インフラが長期間復旧しない・・・新しい大地震が起きるたびに、そういったそれまでとは違った危険も新たに出てきました。

いざ震度6以上が起きると、ケージを押さえよう・鳥と一緒に安全なところに・・・と考えていても、歩くことさえままならないかも。

対策をいろいろしていても、必ずしも理想通りにはいきません。

なので私が考える、最低限必要なこととしては、

①家具の徹底固定
②ガラス戸棚には、ガラス飛散防止シートを貼る
③ケージの置き場所に注意
④小鳥やペット用のエサ・水・キャリーなど備品の用意
⑤地震後にどうするか、シミュレーションしておく。特に住んでいるところで同行避難が認められているかの確認。
⑥できれば、家屋の耐震性を高める


などです。


以下、少し詳細にまとめました。


≪地震発生時のために≫

1.家具などの転倒防止を徹底する。

東京都防災HP 家具・家電転倒防止対策
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/athome/falling.html

2.食器戸棚など、室内のガラス戸棚にはガラス飛散防止フィルムを貼る。
 
3.ケージの置き場所を確認。
 ⇒家具や重いものがひっくり返ったり、飛んできたり、ガラスが降り注いでくる場所にケージを置かない。

窓ガラスに近くに置く場合は、レースのカーテンをかけておく。

4.ケージの置き方の確認。 ⇒できるだけ、ひっくり返ったりしないように工夫。
  
たとえば、
・メタルラックを使っている場合は、壁に固定し、ケージとラックをナスカンなどで固定。
 もしくは、ケージの前に柵を設置し、台から落ちにくくする。

・置き台を使っている場合は、台からカゴが滑りにくくする。
 一例として、台に厚手の透明ビニールクロスを貼るか密着させる。それだけでかなりケージが滑らなくなる。またケージの下に滑り止めを貼ってもOK。

・ケージの入り口を、ナスカンでロックしておく。

ただ現実問題として震度6以上の地震が起きれば、対策を取っていても、ケージは引っくり返ったり飛ぶかもしれません。

あくまで手を尽くして努力しておくだけ、と考えて。
実際にはできるだけ、物が落ちてきたり吹っ飛んでくるところにはケージを置かない方が有効だと思います。

またナスカンで扉をロックすることについても。
カゴがひっくり返った時でも、鳥がカゴから飛び出すのを防ぐ半面・・・ケージが物に潰されかけた場合、ナスカンを使わない方がカゴから飛び出して助かった鳥も。なのでこれも、考え方次第。

5.外出時は、たとえマンションの上階でも必ず窓にカギをかける。
 ⇒カゴから小鳥が飛び出た場合、外に逃げてしまうのを防ぐためです。

 地震では窓も大きく動いて、鍵をかけていないと開いてしまいます。
 そして平和な日常時と違い、大地震の際は迷子の小鳥を探すのはほぼ不可能。

 なので4の内容と合わせ、私は鳥がケージから飛び出た場合でも。
窓が開いたりガラスが割れたりした場合でも、外に迷い出さず鳥が室内にいてくれる方法を模索しています。

ちなみにその方法の1つとして、下の6の方法を。

6.窓ガラス飛散防止のため、レースのカーテンを活用する。

住居事情により、窓ガラスに飛散防止シートを貼れない場合の方が多いかもしれません。

その場合には、レースのカーテンを閉めておくだけでも、直接にガラス破片の直撃を避けられます。

また地震の衝撃でガラス窓が開いた場合でも、レースカーテンをレールにしっかり固定しておけば、鳥が窓から逃げ出すのを防げるかもしれません。
気休めですが、私はレースカーテンとカーテン止めの布を洗濯バサミで挟んで固定しています。


≪地震発生後・避難生活のために用意するもの≫
防災袋を用意。またキャリー・エサはケージの近くに置いたりもしています。

1.最低必需品と私が思い、自分で準備しているもののリスト。

☆キャリー
☆防寒・目隠し用の布。冬はフリース布
☆エサ⇒1か月分くらい
☆水・・・ペットボトルの軟水で。6本程度
(人間用とあわせて適度に。何か所かに分けておく・・・例えば車の中に入れるのも効果的)

☆カナリイシード・粟穂などの好物やおやつを少々
(小鳥の食欲を増すために)
☆ホッカイロ(冬場の暖のため)
☆夏には気休めの冷えぴたクール
☆ペットシート・新聞紙がわりのキッチンペーパー。中の芯を取って、折りたたんでおく。
自治体ゴミ収集用の、透明・半透明ゴミ袋
 これは非常にお役立ち! 空気穴を開けてすっぽりケージをいれると、防寒用に。またガラス破片を防いだり、 避難所で他の動物から触れられることを避けられます。

☆ウエットティッシュ 

 ※ただしエサと水については、首都圏などの地域では、できればもう少し多めに。

ペットショップも休業したり。ネット通販でさえ交通事情により使えるかわかりません。
しばらくエサが買えないかもしれないので、混乱が大きい首都圏・大地震の地域では、多めに準備するのが無難。
災害時でも人間の食事は支給されても、ペットのエサは当然支給されませんから。


2.オプションで用意しようかと私が考えるもの(なくても大丈夫。これは各々の状況で)

☆小鳥用の乳酸菌剤
 動物病院も再開されるかわからないため。水が悪くて消化不良を起こした時のために。
☆トモジン・ネオ
市販の小鳥用化学療法剤。細菌性下痢・気管支炎など用。万が一病院がやっていない時のために。
☆お気に入りのおもちゃ
☆テント
☆車で避難できるように、ガソリンを多めに入れておく



≪地震前から確認しておくべきこと≫

1.避難するときには、小鳥はどうするか考えておく
 ⇒極力、連れて行くのが理想。

同行避難が認められている自治体が非常に増えてきています。

たとえば東京都では、「ぺットとの同行避難を前提にし、避難所において獣医師会・区市町村と協力して適正な動物の飼育や保護をする」という方針を定めています。ただしこれは地域により事情が違うので、それぞれお住まいの都市が同行避難が認められているか・どんな内容かを必ず確かめておいて下さい。

いったん家を離れてしまえば、戻れないこともあり、そうなると余震・倒壊・火災・ガス漏れ…様々な危険があります。

自分の身を守れないペットは、飼い主が守るのが基本。
そのためにもできるだけ、一緒に連れて行くかどこかに預けるかなど、自分の手で守れる方法を模索してください。

またどうしても家に置いて避難する場合でも、火の元は確認し、必ず電気のブレーカーは切っておくこと。
後に電気が復旧した時に、ブレーカーを切っておかないと、火災の原因になることがあります。

2.留守中に、連絡をとれる近所の人を確保しておく。
 ⇒小鳥だけでなく、家族の安否も確かめられます。

3.避難生活が長期になる場合は、他の街で預けられる知人や親せき、ネット上の知り合いがいないか考えておく。


こんなところです。
まだまだ大地震対策・災害対策については勉強中。

また新しく方法が出てきたときは、それをお知らせします。


≪おまけ≫

小鳥と一緒に、犬なども飼っている飼い主さんのために。
同行避難のとき・または家に置いておくときでも、ペット用の情報カードを用意しておくのがお勧めです。

内容としては、

・ペットの写真
・飼い主の名前・住所
・ペットの種類・名前
・年齢・生年月日
・体の特徴
・観察登録番号
・マイクロチップ登録番号
・不妊・去勢の有無
・狂犬病予防注射接種日
・混合ワクチンの時期・種類
・現在の病気・健康状態・エサ・薬・アレルギーの有無
・災害時連絡先


もちろん、小鳥の飼い主さんも写真と情報のメモをカードにしておくのもいいと思います。





↓ 応援のため、クリックをよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
162: by gaogao on 2010/09/01 at 23:21:02

考えても無かったです。
災害対策
インコさんには、住所・氏名をハッキリ言えるように教えていますが…
文鳥さんは如何しようv-40

163:地震怖い( ̄◇ ̄;) by えま~ゆ on 2010/09/02 at 13:38:20

東海も東南海もあぶない地域です。
地震怖いよ~
一応免震住宅ではあるのですが、直下型が来たら最悪です(>人<;)
オカメインコは震度1でもパニックをおこすので大変です。

ある程度備えておかなければいけませんね。参考になります。ありがとう(^。^)

164:地震… by ルピ on 2010/09/02 at 20:18:10

こんばんは(^O^)私は阪神大震災を目の当たりにしてるので昨日のように思い出します…私は大阪で一番きつかった豊中の庄内に住んでたのでもう大変でした…今は箕面ですが…あのときは文鳥は飼ってなかったのですが犬を、マルチーズを飼ってたんで…っていうか犬のことなんて考える暇がなかった…とにかく揺れがおさまりつつあるときに「お父さんお父さん」と叫んでました…部屋の中はぐちゃぐちゃ…ステレオも何もかも落ちて…台所は割れた皿の海…マンションの五階だったけど、怪獣がマンションを襲った…そんな揺れだった…もう死んだかと思うくらい…ついに来たかと…実際、大地震がきたときに冷静に対処できるのか…それが不安だ

166:gaogaoさんへ by そらぴよ on 2010/09/04 at 04:22:56

こんにちは☆

考えても仕方ない・・・と言われたらそれまでなんですが、それでも私が考える最低限に必要なのは、
①家具などで圧死させないようにする
②迷子にさせないようにする
③エサと水など最低限を準備し、地震の後は精神的ケアにも気をつける

こんなところかな。これこそが、なかなか難しいんですけどね・・・。
でも日頃からシミュレーションしておくと、少しは違うと思いますv-221

167:えまーゆさんへ by そらぴよ on 2010/09/04 at 04:29:02

こんにちは☆

うちの文鳥も、ちょっと揺れ出すと人間より先に怖がります。オカメちゃんだと、なおさらですよね。

人間ができることばかりではないけど、自己満足でも少しずつ対策をとっていくと気が楽かも。

昔伊勢湾台風の時、弥富村の文鳥がほとんど流されて絶滅しかけたとか。それで弥富市には慰霊碑があるそうです。何かあると、犠牲になるのは弱い者と動物・・・。自分の精神安定のためにも、できるだけのことはしたいです。

168:ルピさんへ by そらぴよ on 2010/09/04 at 04:41:46

そう、大阪だもんね。

あのレベルになると、もうその場では何ともしにくいでしょう。冷静になんかなれないだろうし。それでも普段から、いろんなパターン別に分けてこういうときはこうしよう・・・などと考えておくと少しは落ち着いて行動できるようになるとか。

実際になるとどうかはわからないけど、後悔はしないように、手を尽くしたいと思っている。
それにしても、ルピさんが無事でよかったなあv-290

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。