プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
290:私も! by ルピ on 2010/11/03 at 22:26:31

今日ララのペットヒーターを装着しました!てララのというかキキの療養に使っていたヒーターなんだけどね
でもララは警戒心が超強いから装着した上の止まり木に一切乗らなくなっちゃったよ
さっきなんとか下側につけて無理矢理つぼ巣に入れた
ホントに超警戒心強いから大変だよ
水浴び容器に乗ってる時間が最近四六時中になってます…
鏡に吸い込まれるんじゃないかと思うほど…
吸い込まれかけたら水に嘴がついてビックリするってのを繰り返す
微笑ましいとほっといていいものかどうかと…

293:こんばんは by えま~ゆ on 2010/11/04 at 20:47:30

そらぴよさんてすごいね。
電球の使用料までお調べいただいて…
参考になりますです^^
文鳥の本でも出せそうですね。
そらぴよさんて何者???
だんだん不思議になってきた(@_@;)

文鳥は元気だったら基本ヒーターは使ってませんがそれでいいのかな?
部屋は暖房してあるからいいよね。
でも老鳥になったら必要かな?

303:ルピさんへ♪ by そらぴよ on 2010/11/14 at 15:23:20 (コメント編集)

ルピさんとえまーゆさん、お礼コメントがとんでもなく遅れてごめんなさい(>_<)

ルピさん・・・ルピ通信に送ってくれた写真で、ララ君のカゴにヒーター入ってたよね?あまり怖がってないように見えたけど、どうなんだろう・・・?

止まり木の上というのは・・・必ずしも止まらなくてもいいかも。
というのは、マルカンのヒーターは上部に穴を開けている使用だったと思うので、フンをしたら中に入ってしまわないかな? それにけっこう暑かったり爪が引っ掛かったりするので、真上には乗らなくてもいいかなあ、と。そしてそのうち慣れるかも・・・とも思うんだけど。

もしあまり怖がるようだったら、ヒーターを外付けにしてみては?
カバーがヒーター本体に触れないように、少し周りにスペースを作れば大丈夫です~♡

それにしてもララ君・・・美形で繊細だなぁ(*´∀`)

304:えまーゆさんへ♪ by そらぴよ on 2010/11/14 at 15:32:18 (コメント編集)

コメントが大幅に遅れてごめんなさい~!

ペットヒーターの使用電力、私が出入りしているサイトではよく話題になったりするんです^^ 他にも細かいことまでいろいろ出てきたりもしますね( ̄▽ ̄;)

文鳥は元気な時は、室内飼いであればヒーターはいらないと個人的には思っています。
私も保温方法は研究して、グッズはそろえているけど、日常使いにはあまりしないですね。

極寒期に丸1日外出する時や、病鳥・老鳥の保温用が一番多いかな~。
うん、鳥さんも年をとれば保温が一番大切。保温さえしっかりすれば、かなり長生きできると言えるくらいです。

そして若いうちにヒーターに慣らしておくと、いざというときにすんなりヒーターを受け入れてくれるので。そういう意味もあって、つけたり外したり・・・なあんてことを繰り返しています。

オカメちゃんのケージは大きいから、20Wでは足りないかもですね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

文鳥・小鳥の寒さ対策 2 ペットヒーターのワット数と、安いショップ

椅子の背に乗る菜生人。
もふもふタオルでカバーした椅子の背に乗って、菜生人はぬっくぬく。


うちで使っているのは、20Wのミニペットヒーター。
それに替えの電球を20Wと30Wを用意しています。

でもこのワット数。
実は最初、悩みました 

どれを選んだらいいのかは、住んでいる地域・室内環境・ケージの大きさ・飼い主さんの保温に対する考え方によって、千差万別。

で、結局そらぴよのやり方では・・・


≪例・文鳥1羽の場合≫

☆20Wのペットヒーターは基本で、1つ持っていると便利。
☆その後極寒期・闘病用に、もう1個ワット数の大きなものを買い足す。


20Wはケージの中につけられて、暑すぎずにどの季節も使えるのでとても便利♪
気が強いわりにビビリな鳥でも、20Wカバーならすぐに馴れます。
たいていの地域・飼育環境なら、カバーさえしっかりすれば、これでほとんどは間に合いそう。

40W~100Wのものは保温のパワーが凄いです。
極寒期に看病・・・などの場合で役に立ちます。
でもかなりカバーが大きいので、特に文鳥ケージの場合はたいてい外付けになります。

ちなみにこの保温電球ですが、アサヒのを例にとると。


☆20Wと30Wの保温電球のカバーは、共通。
☆40、60、100Wのカバーは共通。

なので、カバータイプを2つもっていれば、さまざまなW数にできるということ。

そしてペットヒーターはもちろんペットショップで売っていますが、望みの種類を安く手軽に買うなら、何と言ってもネットショップのここがおススメ☆


楽天内、アクアペットサービスさん。
ただ、この情報はURLが今後変わることもあります。その場合は楽天からショップ名で検索してください♪

◎アサヒ ミニペットヒーター 20W
http://item.rakuten.co.jp/aquapet/986153/

◎交換用保温電球 30W(20Wもあり)
http://item.rakuten.co.jp/aquapet/1136812/

◎アサヒペットヒーター 40W
http://item.rakuten.co.jp/aquapet/986151/

◎アサヒ サーモスタット
http://item.rakuten.co.jp/aquapet/1059481/

◎GEX 爬虫類サーモ
(少々高いが、高性能。ただ、普通の場合はアサヒ製のもので十分とも)
http://item.rakuten.co.jp/aquapet/991102/


参考までにアサヒの説明による電気料金と、「外気温プラス」の温度は。

※≪すべて一定条件下で≫

①電力料金は1日10時間点灯、1kwh当たり22円換算。
②密閉容器(幅60x奥行45x高さ45cm)で使用した場合の、外気温プラスの温度。
③室温10度、点灯開始20分以降の、ガラス球の最大温度。


☆20W
①電力料金:130円

②外気温+4℃。

③ガラス球の最大温度、約150℃。


☆30W
①電力料金:約200円

②外気温+6℃


☆40W
①電力料金:約260円/月

②外気温+7℃。

③ガラス球の最大温度、約160℃。


☆60W
①約400円/月

②外気温+10℃。

③ガラス球の最大温度、約180℃。


☆100W
①約660円/月

②外気温+15℃。

③ガラス球の最大温度、約200℃。


ということです♪

マルカン製のペットヒーターもありますが、そらぴよはまだ使ったことがないので・・・。

ただ同じ仕様の20Wでも、2000円もしなくて手頃です。

ただ単にそらぴよの趣味というか、アサヒの方が球切れがしにくく国産で丈夫と聞いたので、そっちを使っているだけです。

またマルカンには、20W、40Wのひよこ電球式、また100Wのセラミックヒーターが。

マルカンのHP
http://www.marukan.org/index.html


こんなふうに、いろんなW数がありますが。
使ってみると、20Wでも使い方でかなり暖かいのでびっくりしたことがあります。。

前にその温度変化を計測したことがありますが、また明日、それを再実験してみようと思っています♪

その結果は、また後で。




↓ 応援クリック、よろしくおねがいしますm(_ _)m
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村


FC2ノウハウ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
290:私も! by ルピ on 2010/11/03 at 22:26:31

今日ララのペットヒーターを装着しました!てララのというかキキの療養に使っていたヒーターなんだけどね
でもララは警戒心が超強いから装着した上の止まり木に一切乗らなくなっちゃったよ
さっきなんとか下側につけて無理矢理つぼ巣に入れた
ホントに超警戒心強いから大変だよ
水浴び容器に乗ってる時間が最近四六時中になってます…
鏡に吸い込まれるんじゃないかと思うほど…
吸い込まれかけたら水に嘴がついてビックリするってのを繰り返す
微笑ましいとほっといていいものかどうかと…

293:こんばんは by えま~ゆ on 2010/11/04 at 20:47:30

そらぴよさんてすごいね。
電球の使用料までお調べいただいて…
参考になりますです^^
文鳥の本でも出せそうですね。
そらぴよさんて何者???
だんだん不思議になってきた(@_@;)

文鳥は元気だったら基本ヒーターは使ってませんがそれでいいのかな?
部屋は暖房してあるからいいよね。
でも老鳥になったら必要かな?

303:ルピさんへ♪ by そらぴよ on 2010/11/14 at 15:23:20 (コメント編集)

ルピさんとえまーゆさん、お礼コメントがとんでもなく遅れてごめんなさい(>_<)

ルピさん・・・ルピ通信に送ってくれた写真で、ララ君のカゴにヒーター入ってたよね?あまり怖がってないように見えたけど、どうなんだろう・・・?

止まり木の上というのは・・・必ずしも止まらなくてもいいかも。
というのは、マルカンのヒーターは上部に穴を開けている使用だったと思うので、フンをしたら中に入ってしまわないかな? それにけっこう暑かったり爪が引っ掛かったりするので、真上には乗らなくてもいいかなあ、と。そしてそのうち慣れるかも・・・とも思うんだけど。

もしあまり怖がるようだったら、ヒーターを外付けにしてみては?
カバーがヒーター本体に触れないように、少し周りにスペースを作れば大丈夫です~♡

それにしてもララ君・・・美形で繊細だなぁ(*´∀`)

304:えまーゆさんへ♪ by そらぴよ on 2010/11/14 at 15:32:18 (コメント編集)

コメントが大幅に遅れてごめんなさい~!

ペットヒーターの使用電力、私が出入りしているサイトではよく話題になったりするんです^^ 他にも細かいことまでいろいろ出てきたりもしますね( ̄▽ ̄;)

文鳥は元気な時は、室内飼いであればヒーターはいらないと個人的には思っています。
私も保温方法は研究して、グッズはそろえているけど、日常使いにはあまりしないですね。

極寒期に丸1日外出する時や、病鳥・老鳥の保温用が一番多いかな~。
うん、鳥さんも年をとれば保温が一番大切。保温さえしっかりすれば、かなり長生きできると言えるくらいです。

そして若いうちにヒーターに慣らしておくと、いざというときにすんなりヒーターを受け入れてくれるので。そういう意味もあって、つけたり外したり・・・なあんてことを繰り返しています。

オカメちゃんのケージは大きいから、20Wでは足りないかもですね。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。