プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
362:懐かしい時期 by ぴょぴょち on 2010/12/22 at 06:09:14 (コメント編集)

懐かしいです、ヒナ換羽。
メイちゃん、どんな美文鳥に変身するのでしょう? 楽しみです♪

ヒナ換羽はよく噛む時期でもありますが、私はやんわりとかわし
ていました。
ピャッピャノスケは痛みに鈍感らしく何度か流血していましたが、
「あはは、やったな! このモフめ♪」ってテンションで笑って
許していました。(見ていて砂を吐きそうな甘々な口調でw)
いまでこそ甘噛みがメインのギンちゃんですが、幼鳥のときは
力加減を知らなかったのと換羽のイライラでつねるように痛く
噛んできました。
その時期に優しく接することを徹底したからギンちゃんは温厚な
性格に育ってくれたのだと思います。

あと、白文鳥のヒナ独特の背中の灰色羽がどんどん抜けたとき、
それをひとつひとつ拾って集めてビンに入れました。
今は入れ物も二つ目に突入。
ギンちゃんが換羽のたびに少しずつ増えています (^^ゞ

363:ぴょぴょちさんへ by そらぴよ on 2010/12/22 at 10:36:28 (コメント編集)

こんにちは、ぴょぴょちさん。
本当に微笑ましいです♪

ピャピャノスケさんの行動はイメージそのもので、思わずにまにましてしまいました(^^; 
そういう心から優しい態度で接していたので、あのギンちゃんの人間を信頼しきった可愛さがあるんでしょうね( ´∀`)/

うちの子たちは最近は春にヒナでお迎えしてたので、夏の半袖シーズンになるとちょうど噛み噛み絶好調(-o-;) よく腕の小さな小さな黒子や、柔らかい皮膚の部分ばかりひねくり噛みされていました笑
でも人間は長袖をはおったりして、我慢我慢です^^

羽は私も個体別に集めて、可愛い巾着袋に入れています。
でもガラスの小瓶もすてきですね♪
この羽は、しっかりひろってためておくべきと思います。
でも1年目2年目と分けるべきだろうか? などと詰まらないことに悩んでいるそらぴよです(^^;



▼このエントリーにコメントを残す

   

文鳥のヒナ換羽

メイちゃん、ヒナ換羽の始まり始まり~

ルピさんの中ビナ桜文鳥・メイちゃんは羽がひらりひらり落ちて、ヒナ換羽に入ったそうです。

桜文鳥のヒナ換羽・・・それはどっきどきの楽しい期間!

白文鳥と違って、どんな模様になるかわからない。
だいたいヒナの時の白斑から見当がついても、それでも予想外だったりする・・・それが桜文鳥のヒナ換羽

メイちゃんはどんな模様になるかな
私の予想では、わりと綺麗なくっきりカラーになりそうな気がします!

ちなみに文鳥のヒナ換羽。
その時期は個体差が大きいです。
うちの文鳥でも生後2カ月半から始まるのが多くても、中には7カ月の子も。

でも健康であれば必ずヒナ換羽が来て、大人の文鳥に変わるはず。

換羽は羽を大量に作るので、栄養を必要とします。
エサの他にもボレー粉などのカルシウム、青菜をしっかりあげること。
ヒナ換羽が終わるまでは、文鳥には少量、乾いたアワ玉を与えても大丈夫とわたしは思っています。
動物性たんぱく質の卵が、新しい羽を作ってくれますから。

メイちゃんは、尻尾は残ったのが1枚。
その下に新しい尻尾が、ちょこん、と生えてきています。

安価な配合エサから、こういう立派な身体が作られるんだから、鳥さんってすごいですよね



↓ ランキングに参加しています。愛のクリックをおねがいします♪
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

FC2ノウハウ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
362:懐かしい時期 by ぴょぴょち on 2010/12/22 at 06:09:14 (コメント編集)

懐かしいです、ヒナ換羽。
メイちゃん、どんな美文鳥に変身するのでしょう? 楽しみです♪

ヒナ換羽はよく噛む時期でもありますが、私はやんわりとかわし
ていました。
ピャッピャノスケは痛みに鈍感らしく何度か流血していましたが、
「あはは、やったな! このモフめ♪」ってテンションで笑って
許していました。(見ていて砂を吐きそうな甘々な口調でw)
いまでこそ甘噛みがメインのギンちゃんですが、幼鳥のときは
力加減を知らなかったのと換羽のイライラでつねるように痛く
噛んできました。
その時期に優しく接することを徹底したからギンちゃんは温厚な
性格に育ってくれたのだと思います。

あと、白文鳥のヒナ独特の背中の灰色羽がどんどん抜けたとき、
それをひとつひとつ拾って集めてビンに入れました。
今は入れ物も二つ目に突入。
ギンちゃんが換羽のたびに少しずつ増えています (^^ゞ

363:ぴょぴょちさんへ by そらぴよ on 2010/12/22 at 10:36:28 (コメント編集)

こんにちは、ぴょぴょちさん。
本当に微笑ましいです♪

ピャピャノスケさんの行動はイメージそのもので、思わずにまにましてしまいました(^^; 
そういう心から優しい態度で接していたので、あのギンちゃんの人間を信頼しきった可愛さがあるんでしょうね( ´∀`)/

うちの子たちは最近は春にヒナでお迎えしてたので、夏の半袖シーズンになるとちょうど噛み噛み絶好調(-o-;) よく腕の小さな小さな黒子や、柔らかい皮膚の部分ばかりひねくり噛みされていました笑
でも人間は長袖をはおったりして、我慢我慢です^^

羽は私も個体別に集めて、可愛い巾着袋に入れています。
でもガラスの小瓶もすてきですね♪
この羽は、しっかりひろってためておくべきと思います。
でも1年目2年目と分けるべきだろうか? などと詰まらないことに悩んでいるそらぴよです(^^;



▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。