プロフィール

そらぴよ

Author:そらぴよ
文鳥4羽の飼い主です。
可愛いさにほっこり、でもドキドキハラハラな文鳥ライフ。
困ったことが起きても、工夫と愛で乗り切ろう!
とがんばっています☆

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

過去のログ v.コンパクト

ぽちっ、とお願いします♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

メールフォーム  ☆ボタン部分ではなく下の*印をクリックしてください

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫

アメリカ文鳥釣り紀行 その1

準備作業中とはいえ、記事がないと寂しいので以前のブログから記事を書きなおします

アメリカのYahoo! Answersで、アメリカで文鳥を飼っている人はどんなエサを与えているか、聞いてみました。アメリカではペレットが全盛で、文鳥にもそれを与えているのではと思ったからです。

ところが、返ってきた回答は意外!

ある1人の人のお返事です。アメリカ在住、80羽を禽舎飼いで、そのうち20羽が文鳥だとのこと。以下、まとめてみました。

☆フィンチ用配合エサ

赤キビ、アワ、白キビ、カナリイシード、ヒエ。

☆果物、野菜

ブロッコリー、リンゴ、トウモロコシ、ニンジン、パセリ。

どの文鳥も大好きで、毎日与えるらしい。

☆卵の殻、カトルボーン、ボレー粉

驚いたことにボレー粉は、その人の環境ではどこのペットショップでも買えるらしい。

以前にヨーロッパのある国で、ボレー粉もカトルボーンもほとんど手に入らないこと、またアメリカは卵の殻を使用するのが多いと聞いていたので驚きました。

☆もう1人のお返事で、追加された内容は・・・米。

というわけで、まったく日本の私たちと同じ文鳥の食生活で感動しました。

文鳥飼いはアメリカでは少ないですが、マニアはどこでもいるようです、嬉しいことに。


ちなみにその方は、禽舎に大きな竹を入れていいかの質問もされていたようです。

さすがアメリカ。スケールはでかい。


以上、アメリカ釣り紀行。

気が向いたとき釣ってきて、大漁報告をしたいと思いますのでお楽しみに。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。